現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Early life of Elizabeth Blackwell  


エリザベス・ブラックウェル (学習漫画 世界の伝記NEXT)エリザベス・ブラックウェル (学習漫画 世界の伝記NEXT)
(2011/07/05)
堀ノ内 雅一

商品詳細を見る
エリザベス・ブラックウェル (学習漫画 世界の伝記NEXT)
漫画:東 園子  シナリオ:堀ノ内 雅一  監修:橋本葉子
出版:集英社(2011年7月10日発行)
 
伝記漫画のプロットへ遡及するイメージで、生誕~少女時代~24歳までのエリザベス・ブラックウェルの生い立ちを記述する。ページ末のリンク先を参考にして適宜補足、修正を入れてある。
 
 
1821年2月3日、イギリスのブリストルで11人姉弟(2人は生後間もなく亡くなっている)の三女としてエリザベスは生まれた。エリザベスはフローレンス・ナイチンゲールより一歳若い。
 
エリザベスの父は製糖工場を営んでいた。そして進歩的なリベラリストであった。当時、イギリスでは女性は男性より能力が劣るとされ、教育を十分に受けさせてもらえないことが多かった。しかしエリザベスの父は子供たちに男女の区別なく勉強をさせた。パブリック・スクールには通わせず家庭教師を雇っていた。
 
エリザベスは元気な少女で、大きくなったら誰もやったことのないことをやりたかった。父はエリザベスの最大の理解者であり、エリザベスは父のことが大好きだった。
 
1831年、政治的な理由によりブリストルで大きな暴動が起きた。また工場の経営状態も悪かった。また1831年か1832年かは不明だが工場のかまどから火が漏れ、工場が全焼した。これらが要因となり1832年8月、ブラックウェル家はアメリカ、ニュー・ヨークへ転居することを決めた。
ukny[2]
©google

船の中でエリザベスはコレラとチフスにかかった病人たちを目にした。病人たちは不潔な船の一室に集められ、死を待っていた。この体験はエリザベスに大きな影響を与えた。
cholera.jpg
The S.S. England Page
cholera2.jpgUniversity of Warwick
エリザベスの父はアメリカでも小さな製糖工場を始めた。そして奴隷制度廃止運動に熱心に参加した。エリザベスは父のリベラルでラディカルな思想に共感していた。ブラックウェル親子は、後に『アンクル・トムの小屋』を書くことになるストウ夫人にも出会った。
 
1836年、父の砂糖工場が全焼した。1837年にはアメリカに恐慌が訪れた。父は過労で倒れた。ブラックウェル一家は使用人を解雇し、1838年、オハイオ州シンシナティへ引っ越した。その3週間後の1838年8月6日(wikiでは7日)、エリザベスの父は胆管発熱から急死した。
 
「エリザベス。人間にはね、ひとりひとり役目があるんだ。パパにはパパの、おまえにはおまえの。自分の役目はなんなのかを探しなさい。自分はなにができてなにをすべきなのかを見つけなさい。それが自分を生かすということだ。エリザベス、自分を生かす道をまっすぐ進め。自分の道は自分で決めるんだ。」
 
父は多額の借金を家族に残した。エリザベスと2人の姉はプライベートスクール” The Cincinnati English and French Academy for Young Ladies”を開いた。「私たちと同じように勉強したがっている女の子の為に!」そして弟は裁判所で仕事を見つけた。
 
1845年、エリザベスが24歳の時、癌(子宮癌とみられる)におかされた近所の友人を見舞っていた際、その友人から医者になることを奨められた。「どうしてこんなことをいうのかというとね。私が女性のお医者様に診てもらいたかったからなの。男性の先生にはやっぱり恥ずかしくて……もしお医者さまが女性だったらもっとたくさん相談できたと思うのよ」最初はエリザベスもそのアイデアを受け入れられなかった。しかし心変わりし、エリザベスは医者になることを決心した。
erizabeth.jpg©東園子・堀ノ内雅一
 
参考:Wikipedia, World Biography, about.com
関連記事

category: 歴史/人物

thread: 歴史 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/58-dacf1323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。