現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

配慮を欠いた性教育は虐待にもなりうるのではないか  

全国の中学、高校で性に関する講演をして回る女子大学生がいる。「はなちゃん先生」こと、慶応大学2年の大島華奈(はな)さん(20)。性感染症や避妊の話を隠さずに話し、「セックスをする前に知って欲しいこと」を伝える。昨年10月からの講演は102回となり、約1万7千人の生徒らが耳を傾けた。

12月上旬、神奈川県藤沢市の県立藤沢清流高校。体育館に集まった1年生約240人を前に、友達からもらった手紙を読み上げた。「私の初体験は中2だったんだ。痛くて怖くてわけ分かんなかった」。5歳上の男性との、初体験の様子がつづられていた。「好きな人とするってステキなことだと思ってたのに、全然違った。私はもしかしたらって、怖くて怖くて、生理が来るのを毎日待ってた」

生徒一人ひとりの目を見ながら読み終えると、語りかけた。「セックスする時、男の子と女の子は平等じゃない。セックスする前に知って、考えて欲しいことがたくさんあります」

クラミジアという性病は10~20代の女子の間で感染率が高いという。でも、コンドームの正しい使い方を知っている男子は意外に少ない。「大学に入っていろんな人の話を聞くけど、経験してるのは半分ぐらいかな。焦らなくていいよ」。スライドも全て手描きだ。

「スペシャルゲストがいます」と呼ばれて入ってきたのは、高校の男性職員が扮した「子宮ちゃん」。広げた両手に持った風船で卵巣を表し、腕が「卵管」、体が「膣(ちつ)」。大爆笑の中で、妊娠の仕組みを説明する。
sei[1]

性教育、先生は女子大生 慶應のはなちゃん、全国で講演
 朝日新聞デジタル 2013年12月29日


中高生に「セックスをする前に知って欲しいこと」を知ってもらうことは大切です。基礎教育の一環だと思います。しかし、私は、体育館にみんなを集めて大々的に行う性教育には否定的です。意図しない妊娠のリスク等、「セックスをする前に知って欲しいこと」を知ってもらう為に、ここまで開放的な授業が必要とは思えません。

この手の開放的な性教育には、純粋に「セックスをする前に知って欲しいこと」を知ってもらう為、以外に何か左翼的な意図があるのではないかと、疑いたくなります。

また、成果のほども疑わしいものがあります。男女別・クラス別で授業を行うか、広い場所にみんなを集めて行うかで、性への理解度を測る保健テストの点数や、妊娠中絶回数に違いが出るといった話は聞きません。

「クローズにすると、セックス=恥ずかしいこと、口にしてはいけないこと(タブー)、という意識が生まれて、学ぼうとしない生徒が出る」との意見もあるでしょう。しかしそれは、クローズかオープンかの問題ではありません。必要な基礎知識をしっかりと教えるかどうかの問題です。数学の授業を嫌がり、さぼりたがる生徒にも、基礎教育として基礎数学は必修させなければなりません。それと同様です。

そもそもセックスは元来、非常にプライベートなことであり、「恥ずかしい」という感情は健全なものです。逆に、無理やり「恥ずかしいことじゃない!」との意識を植え付けようとすれば、北風と太陽のごとく、逆効果にもなりかねないのではないでしょうか。

「男女合同でやるからこそ理解が深まる」との意見もあるでしょう。しかし男女別授業であっても、同じことを教えれば同じことです。「はなちゃん先生」の授業においても記事を見る限りにおいては、生徒たちは基本話を聞いているだけのように見えます。

「セックスをする前に知って欲しいこと」を知ってもらうという観点からは、中高生の男女自身が集団で、セックスについてオープンに語り合う必要性はないと思います。もちろん、選択授業や自発的行為としてなら、それは個人の自由です。ただ、基礎教育として生徒全員にやらせる必要はないと思います。

中高生の心は繊細です。この点において男女に関係はありません。過度に開放的、刺激的な性教育は、生徒たちの心を不要に傷つけることにも繋がるでしょう。言い換えれば、配慮を欠いた性教育は、性的虐待やセクハラにもなりうる危険性があるのではないでしょうか。

教育者の方々には子どもの《心》に対して、最大限の配慮をお願いいたします。

------------------------------------------------------------------

※朝日新聞の記事は、考えるきっかけになったので引用させていただいただけです。「はなちゃん先生の授業は性的虐待だ」と言っているわけではありません。特定の個人を批判する意図はありません。
関連記事

category: 教育

thread: 教育 - janre: 学校・教育

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/466-6f91d27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。