現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

12/15のツイートまとめ  

sartrean

漂流する日本政治、カウントダウンが始まった財政破綻 http://t.co/GaZF5uMA3v 決断の時来る:大きな政府? 小さな政府? 小黒 一正 2010年9月9日
12-15 23:29

歴史が語る、公的債務がGDPの90%を超えた時に起こること http://t.co/pljYwMRdMr 小黒 一正 2012年7月5日
12-15 23:14

RT @MichaelToole: President Obama stuns congressional leaders; "Actually, Madoka is my favorite," he declares. http://t.co/rBWK8z3KzL
12-15 22:46

RT @tamakiyuichiro: ブログを更新しました。 『これでは増税は財政再建につながらない。』 http://t.co/05bmdOyUd3
12-15 22:43

フランソワ・ミッテラン http://t.co/obT4ZWMohl
12-15 19:12

RT @tentama_go: 大英図書館が100万点以上の画像を公開。しかも誰もが無料でこの画像を素材として自由に利用できるとか。解像度もかなりなもので、ブログに使ったりなど色んなことができそう http://t.co/m4MT4d4mvw こちらで見られる様子 http:/…
12-15 18:58

How to Dismantle an Atomic Bomb http://t.co/YBEnFcrBxR 思っていたよりも、ずっと勢いとパワーがある。パンキッシュといってもいいと思う。
12-15 18:40

RT @harinezumi_pics: トイレットペーパーの芯が頭から取れなくなった(ハリネズミは穴に入る習性があります) #ハリネズミ http://t.co/L34GDP6kla
12-15 18:19

@hi0g ツイートを使わせていただきました。問題ありましたら対応しますのでご連絡ください。 http://t.co/omGKOb5d5x
12-15 16:00

「日本の財政は本当に不健全な状態なのか」をトゥギャりました。 http://t.co/omGKOb5d5x
12-15 15:59

@hi0g ありがとうございます。m(__)m
12-15 15:31

@hi0g 憲法、社会保障、エネルギー、復興、安全保障、等々、話題のタネは無限にあると思います(*'‐'*) 最後に。今日のやり取りをtogetterでまとめて公開してもよろしいでしょうか?
12-15 15:25

@hi0g 今日は長い間、お付き合い頂きありがとうございました。私は時々経済学者の書いたウェブ記事を読むくらいで、経済に関して専門的な学識はありません。的外れなことも言ったと思います。どうか許してください。 もしよろしければ、今度は経済以外の話題でもお話させてください。
12-15 15:15

@hi0g 私は財政再建は必要だと思っているので、それに伴う痛みを次の世代にはなるべく押し付けたくない、という考え方です。ただ、今日の調様子だと、財政再建の必要性についてはおそらく一晩中かかっても、認識が一致する事はないと思います。また、今度私も勉強し直して参ります。
12-15 15:11

@hi0g それが理想だとは思います。
12-15 15:06

@hi0g 激しく同意します。あれ、異常ですよね。
12-15 15:01

@hi0g 私も日銀による大量の国債買い入れは望ましくないと思っています。先ほど提起させていただいたのは、1000兆円の公共事業資金の調達、という極端な例です。
12-15 14:55

@hi0g そこもはバランスの問題だと思っています。私は今と未来の国民生活を第一に考えればこそ、長期的な財政再建目標を見据えて、堅実な財政運営をするべきだとおもっています。
12-15 14:51

@hi0g 国民の多くは、銀行を通じて政府にお金を貸している。が、あくまで貸しているだけだし、政府の返済能力は完璧だ、だから安心していい、ということですよね。私は政府の返済能力に疑問を持っています。加えて、国民が政府を信用し続けられるか、という点にも疑問を持っています。
12-15 14:45

@hi0g なんでも「過剰」は良くないと思います。公正公平で活発な、民間主導の自由競争経済の結果、ということです。そして、一度競争にまけても何度でも再チャレンジができる仕組みが必要だと思います。
12-15 14:36

@hi0g 物理的に刷るのではなくて、会計を拡大させる、という意味です
12-15 14:32

@hi0g 同意します。所謂ゾンビ企業に必要異以上の公的資金をいれることには反対です。だからといって、極端な新自由主義のように、国民への給付まで否定するわけではなく、事業体を介さず、直接国民に給付する形での給付は工夫は必要ですが、望ましいと思っています。
12-15 14:29

@hi0g 業績の悪化した会社が潰れ、社会全体が新陳代謝されることは資本主義社会において健全なことだと思っています。勿論、社会保障の整備が前提となります。
12-15 14:21

@hi0g 財政再建をしなければ、財政破綻する/しない、という話だったと思います。
12-15 14:18

@hi0g 日銀がお金を刷って、国債を買って、それで政府は資金調達して、それで大規模公共事業、という極端な例をたずねたわけです。財政破綻しないなら可能なはずです。
12-15 14:16

@hi0g そこはバランスの問題でしょうか。私は民間主導で、好景気になることが望ましいと思っています。ただ、私はアナーキストではありません。極端なことは考えていません。
12-15 14:08

@hi0g 財政破綻が有り得ないのであれば、労働人口の90%を公務員として雇い、彼等を供給力とすればいいのではないでしょうか。
12-15 14:05

@hi0g すみません。「需給を構成する時点でのことと、遡及して考える」、という言葉の意味がわかりません。どちらにせよ、大きなテーマである「財政再建は必要か否か」からは、外れた質問になってしまったので、この質問はもう大丈夫です。ありがとうございました。
12-15 13:56

@hi0g お金はいくら刷っても、消費に使わず、銀行を利用すれば、インフレにはならない、という主張ではありませんでしたか。
12-15 13:47

@hi0g 投資先に国債があっても良いと思います。ただ、現在の国債の額は巨大過ぎると思っています。民間でできることは民間でやることが望ましいと思っています。
12-15 13:39

@hi0g 税率ゼロ(ただし、徴税権は放棄しない)、1000兆円の公共事業がまずいのは何故でしょうか?お金が欲しくてたまらない国民は大勢います。財政破綻がありえないのであれば、ばらまけるだけ、ばらまいて欲しいのですが。
12-15 13:34

@hi0g もともと「民間が蓄えを減らすというのは、所得以上のお金を消費に使おうとしているということです」というくだりに対して「蓄えのもとは所得であり、所得以上の消費は借金によらなければ、出来ない気がします」という疑義でした。
12-15 13:29

@hi0g 「(今現在既に)財政危機だ」とはいっておらず、「財政危機を回避するためにプライマリーバランスの黒字化を目指します。日本はまだやれます」といった主旨のことを毎年言っているような気がします。ニュースでちらりと見ただけで、一言一句覚えていないので自信がありませんが。
12-15 13:15

@hi0g 利回りがあるので、負債は増えると思います。また、借金を返すのに借金をしている(毎年数十兆円)状態で、問題がない、財政破綻は有り得ない。ということであれば、先ほども申したように、税金をゼロにして、1000兆円規模の公共事業で日本中の住宅を立て替えることも出来てしまいます
12-15 13:10

@hi0g 私も国債の発行を否定していません。しかし、日本政府の負債額は巨額過ぎると感じます。これは国民の希望とは考えにくいと思います。銀行が民間投資ではなく国債を選ぶのは消極的理由ではないでしょうか。私は投資先は民間企業が中心となる、民主導の自由経済社会が望ましいと考えます。
12-15 13:01

@hi0g 需要が高まることによる健全なインフレの先に、桁の違う過度なインフレが待っているとは思っていません。ちょっと話がズレてしまった気がします。要は私と小笠原さんとの間の対立点は「財政再建は必要か」という点ではないでしょうか。私は財政再建が必要だという立場です。
12-15 12:50

@hi0g お給料をもらい、税金を払い、子供手当を受け取る。ということですよね。そして個人によってはそこからさらに貯蓄にまわす。つまり所得から貯蓄が生まれる。しかし、小笠原さんは「全体で考えると違う」とおっしゃいました。“全体“とは何をさすのでしょう。
12-15 12:39

@hi0g 以前、海外のファンド会社だかによる、国債格付けを下げられたとき、財務省は外向けには抗議の意志をしめしたという話を聞いたことがあります。日本政府は「財政再建頑張るから大丈夫、破綻しないよ!トラスト・ミー!」といつも言っている気がします。外向けには。
12-15 12:32

@hi0g 私は1000兆円超の公債の大半を返済することは、はっきりいって不可能だと思っています。しかし、長期的な財政健全化をはかることにより、財政破綻を半永久的に先延ばししてほしいと思っています。
12-15 12:28

@hi0g 信用危機は何とか回避して欲しいと思っています。そのためにも景気との関係に配慮しながら、少しずつ、財政を立て直す必要を感じます。
12-15 12:24

@hi0g 急激に止めるとそうなると思います。ただ、それは長期的な財政健全化を否定することには、つながらず、やはり長期的にはプライマリーバランスを黒字化して行く姿勢を見せることが必要だと考えます。
12-15 12:22

@hi0g 供給不足がおきてもインフレにならないと、言ったのではありません。需給バランスが変わりインフレにはなります。しかし需要には供給が、タイムラグはあっても、通常は伴い、供給が一向に滞るということは、特殊な場合を除いて考えにくいと思います。
12-15 12:19

@hi0g 物理的な紙幣でなくて、銀行振込みであっても、個人の所得は(お給料等)は一義的に個人の所得であると思います。
12-15 12:01

@hi0g 日本は、今すぐ、今日明日で財政破綻するとは思われていません。しかし、長期的に財政を健全化させる姿勢をみせ、実行していかなければ疑義をもたれてしまうとおもいます。それはおっしゃるように(細心の注意を払いながら)徴税権を行使しなければ出来ないことだと考えます。
12-15 11:56

@hi0g 借金を借金で返すという行為は、信用があるうちは、大丈夫ですが、信用がなくなれば一貫の終わりだと思いますし、また、信用を徐々に失うことに繋がると思います。やはり税収は必要だと考えます。
12-15 11:52

@hi0g しかし、あの時前提は、国債が暴落し、日本の銀行が複数潰れ、残った銀行も壊滅的に信用を失っている、という状態でした。
12-15 11:48

@hi0g 現在、国債は国民から求められて発行するというより、政府の側がお金を求めて国債を発行している側面が強いと思われます。借金を減らしたいからといって、いきなり国債の発行をやめれば、あらゆる行政サービスがストップし、国債の償還も出来なくなってしまうとおもいます。
12-15 11:45

@hi0g おっしゃるように、国債の信任を保つには、徴税が必要だと考えます。徴税の仕方、税制の在り方には細心の注意が必要だと思いますが。
12-15 11:38

@hi0g 日本の市場は解放されており、仮に一時的なスタグフレーションがおきても、需要があれば必ず供給もついて来ると考えられます。
12-15 11:34

@hi0g 所得を貯金にまわすことが、すなわち、銀行にお金を貸すということではないでしょうか。
12-15 11:31

@hi0g まさに借金を借金で返している状態が常態化しています。いつまでもこんなことが続けられるとは思えません。投資家や金融機関が、日本国債に見切りをつけて、ひいては日本市場に見切りをつけて、海外資産へ大量にお金が流れれば円は急落し、インフレになり、国民経済は大打撃を受けるのでは
12-15 11:28

@hi0g 以前、お金はいくら刷っても消費者が多く使わなければインフレにはならないので、お金は貸し倉庫にしまっておけばいい、との主張もお聞きしましたが、それも私には非現実的に思えました。
12-15 10:29

@hi0g また、「財政破綻は絶対にありえない」というのであれば、いますぐ税金をすべてゼロにして、公共事業で日本中の住宅を耐震工事してもらいたいと思ってしまいます。もう1000兆円くらいお金を刷って、日銀に直接買わせて。
12-15 10:25

@hi0g また、同じように、増税し可処分所得が減れば、消費は冷え込み、供給側も縮小させざるをえないのではないでしょうか。増税しても生活に影響がないのであれば、いくら増税しても、反対する人は出て来ないように思えます。
12-15 10:22

@hi0g また、蓄えのもとは所得であり、所得以上の消費は借金によらなければ、出来ない気がします。また、「消費が増えても供給は増えない」というのは、信じられません。消費は供給がなければ出来ませんので、消費が拡大すれば、供給も拡大すると思われます。
12-15 10:16

@hi0g いくつかの点で疑義があります。まず、「政府が借金を返済する必要性に~」のくだりですが、例えば10年もの国債であれば、10年で償還される必要があり、利回りはもっと頻繁に払わなければならないのではないでしょうか。また、国債の信用が落ちれば、海外資産への逃避も考えられます。
12-15 10:12

@hi0g 以前にも教えて頂きましたが、私は小笠原さんの主張がまだ理解出来ません。政府の借金=国民の資産(日本国債は日本人が90%近く保有している)、というのは正しいと思いますが、政府の収入は借金(国債)を除けば、基本、税金です。結果的に政府の借金は国民が負うのではないでしょうか
12-15 09:37

RT @best___tweets_: お経の現代語訳かっこよすぎるwやばいw http://t.co/Ng8NhqGwju w_hey
12-15 05:32

関連記事

category: Twitter まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/440-044e9675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。