現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

《ひきこもり》は批難するべきか、支援するべきか  

2013年12月14日、TBS報道特集で《ひきこもり》が取り扱われた。
ひきこもりやニートを取り扱ったドキュメンタリー番組が放映されると、番組に登場する《ひきこもり》や親などに対して、必ず、「甘えるなクズ」「親が悪い」「兵糧攻めにしろ」等々の硬派な意見が大量に寄せられる。

しかし、これらの厳しい意見/批難は建設的ではない。説教が好きな、硬派な方々は気持ち良くなれるかもしれないが、それだけである。

ひきこもりの方々が社会復帰をすることは、一般的に、当人は勿論、社会全体にとっても望ましいことだ。という立場に立つならば、ひきこもりの方々の社会復帰を社会全体で支援/応援していくことも当然、望ましい。

中には「これがワシ流の応援じゃあ!」と、愛の鞭のつもりで厳しい言葉を浴びせている方もいるかもしれない。しかしそれで「何くそ!」とやる気を出すような《熱い》タイプの人間が果たしてひきこもりになるだろうか。科学的根拠のない私感だが、そういうケースは稀であると思う。

必要なのは厳しい言葉で当人や家族を追い詰めることではなく、段階的で前向きな支援ではないだろうか。

ということで、番組に登場した、ひきこもり支援団体、NPO法人・名古屋オレンジの会のリンクを貼っておく。
http://orange-net.info/nagoya/

「E-mailでの御相談は受け付けておりません」とのことで若干不親切な気もするし、はっきり言って中身はよく分からない。番組でちらりと見ただけだからだ。

だが、ひきこもり支援は、他にも全国の自治体やNPO団体が行っているので、ひきこもりの方や家族は試しに利用してみるのもいいかもしれない。


※おまけ
ハッシュタグ #tbs をつけて番組に反応していた方々のつぶやきを(可能な限り全て)拾ってみた。

関連記事

category: 社会

thread: 不登校・ひきこもり - janre: 学校・教育

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/438-73e38cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニューバランス レディース

これは非常に 本当に面白い、 あなたがいる非常に熟練したブロガー。 私がしました あなたのフィードに入社し、より多くのあなたの偉大な の追求を楽しみにしてポストを。また、 私がしました ウェブサイト私のソーシャルネットワークでは、共有。

ニューバランス レディース | 2013/12/21 10:39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。