現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

私的・憲法改正草案2 (枝野私案を改変)  

民主党、枝野幸男の憲法改正私案には共感するところが多い。ただ、少し長すぎると思った。私なら一部を削って、下のようにする。


9条の1

1項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

9条の2

1項 我が国に対して急迫不正の武力攻撃がなされ、これを排除するために他に適当な手段がない場合においては、必要最小限の範囲内で、我が国単独で、あるいは国際法規に基づき我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を守るために行動する他国と共同して、自衛権を行使することができる。

2項 自衛権に基づく実力行使については、事前に、又は特に緊急を要する場合には事後直ちに、国会の承認を得なければならない。

3項 我が国が加盟する普遍的国際機関(現状では国連のこと)によって実施され又は要請される国際的な平和及び安全の維持に必要な活動については、その正当かつ明確な意思決定に従い、かつ、国際法規に基づいて行われる場合に限り、これに参加し又は協力することができる。



枝野私案、9条の2の2項を削った理由

「国際法規に基づき我が国の安全を守るために行動している他国の部隊に対して、急迫不正の武力攻撃がなされ」た場合は、「我が国に対して急迫不正の武力攻撃がなされ」たと見做していいと考えるから。

枝野私案、9条の2の3項を削った理由

この条文は、恐らく文民統制(シビリアンコントロール)を憲法に規定しようという狙いではないだろうか。私はシビリアンコントロールは、現行憲法の以下の条文によって十分担保されていると考える。

66条2項 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。

67条 内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。

以前、個人的に憲法案を考えた際には、自衛隊(国防軍)について細かく書いた方が良いと思っていたが、今は違う。自衛隊は文民によって統制された、防衛省の下部組織である。憲法ではなく法律で規定する方が適していると考える。

枝野私案、9条の3の2項を削った理由

「急迫不正の武力攻撃がなされたとき」については9条の2の1項で既に明記されているので、必要ないと思った。自衛隊のPKO活動中、自衛隊と共同で活動を行っている他国の兵士が襲われた場合、それも「我が国に対して急迫不正の武力攻撃がなされ」たと見做していいと考える。

安保理決議があっても武力行使を目的とした作戦には参加出来ない

国際連合憲章 第42条〔軍事的措置〕

安全保障理事会は、第41条に定める措置では不十分であろうと認め、又は不十分なことが判明したと認めるときは、国際の平和及び安全の維持又は回復に必要な空軍、海軍又は陸軍の行動をとることができる。この行動は、国際連合加盟国の空軍、海軍又は陸軍による示威、封鎖その他の行動を含むことができる。

国連憲章に上のような条文はあるものの、日本政府は、現行憲法にて、国際紛争を解決する手段としての戦争、武力行使、また戦力の保持を禁止されている。この部分は私案においても保持する。よって、安保理決議があっても、武力行使を目的とした作戦には参加出来ない。人道・復興支援にのみ参加できる。

関連記事

category: 法律/憲法

thread: 憲法九条 - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/415-e6cadf87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。