現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

米英仏による、シリアへの軍事介入について  

シリア情勢が緊迫している。
ダマスカス(CNN) シリア内戦で化学兵器が使われたとされる問題を巡り、バイデン米副大統領は27日、「責任の所在は明らかだ」と言明、同盟国と共に行動を起こす姿勢を鮮明にした。
バイデン副大統領は退役軍人団体の講演で、「無防備な男性や女性、子どもたちに対して化学兵器を使った者に、その責任を取らせなければならない」と断言した。
フランスのオランド大統領は、化学兵器を使ったのはシリアのアサド政権軍だと信じるに足る根拠があるとの見方を示し、「罪のない人たちに対する化学兵器の使用を決めた者たちを罰する準備はできている」と語った。
キャメロン英首相は27日にオバマ米大統領と協議し、シリア情勢への対応を話し合うため夏季休暇中だった国会議員を呼び戻した。英軍は有事計画の準備に入っている。
ヘーゲル米国防長官は同日、英BBCの取材に対し、オバマ大統領がシリア攻撃の命令を出せば、「出撃する準備はできている」と述べた。
米英仏がシリア軍事介入の準備、露は反発 2013.08.28 Wed posted at 10:07 JST cnn.co.jp

ここまでの経過と現状理解には、下の記事が分かりやすい。

シリア「内戦」の見取り図 2013.08.28 末近浩太 synodos.jp

シリア情勢の進展は国際的パワーバランスを左右する。どう進展しようとも、必ず誰かが不利益を被り、利害関係者の間に重大な亀裂が入る。今以上に大規模な国際紛争に発展するかもしれない。かといってこのまま現状維持、泥沼状態維持では、シリアはもう持たない。犠牲者が増え続けるだけだ。幕引きが非常に困難な状態にあることは分かっているが、幕を引かないわけにはいかないと考える。

民主党参議院議員で、元・防衛大臣政務官である、大野元裕氏に以下のように尋ねた。

そもそも欧米諸国が中途半端に反体制側に武器供与を続けた結果、招いた勢力の均衡であり、泥沼状態である。大野氏の言うように限定的武力行使によって反体制側をこれ以上「善戦」させるようなことがあれば、それは現状悪化だと考える。

ではどうすればいいのか。危険思想のようだが、私は、アサド政権側か反体制側か、どちらかの武力が壊滅的にならない限りこの紛争は静まらないのではないかと思う。勢力均衡状態で和平会議を呼びかけても、永遠に上手くいかないのではないかと疑いを持っている。過去、停戦協定がたった一日で破られたこともある。

欧米諸国が反体制側への武器の供与を一切止めるか、欧米諸国が大規模な軍事介入を行うか。前者はまずありえない。

もし欧米による大規模な軍事介入で反体制側が、アサド政権を壊滅させた場合、大野氏の言うように米国が不得意な「戦後処理」の問題が出てくる。末近氏の言うように反体制側も一枚岩ではない。必ず新たな権力争いが出てくる。そしてイランとイスラエルが戦争を始めるかもしれない。

シリアと最も近い関係にあるイランは、米国が主導してシリアへ軍事介入すればイスラエルへの報復を挑発することになると初めて公の場で発言した。イラン軍のハサン・フィルーザバディ幕僚長は「シリアへの攻撃によってイスラエルは焦土と化す」と語ったとイランのメディアが報じた。
イラン、シリアへ軍事介入すればイスラエルへ報復と脅し 2013年 8月 29日 08:04 JST jp.wsj.com

もしそうなると、ホルムズ海峡が封鎖されるかもしれない。すると日本へも多大な影響が及ぶ。


イランはかねてから「イスラエルから爆撃があった場合には、ただちにホルムズ海峡を機雷封鎖する」と宣言している。日本の輸入する石油の85%、LNGの20%はホルムズ海峡を通っているので、戦争が勃発したら(石油は備蓄があるが)LNGはたちまち枯渇する。特に中部電力は電力の40%をカタールからのLNG輸入に頼っており、これが遮断されると、名古屋市の停電やトヨタの操業中止という事態も考えられる。

イラン=イスラエル戦争が起こると、原油価格は暴騰するだろう。それにドル高が追い討ちをかけ、原油価格が160ドルに上昇すると、原発が止まったままだと日本の経常収支は12兆円の赤字に転落する。株や不動産のバブルは崩壊し、投機資金は原油に流れてドル高が加速し、貿易赤字がさらにふくらむ――という「死のスパイラル」が待っている。
「ブラック・スワン」は中東からやってくる? 2013年05月18日 池田信夫 blog

そして何より、軍事介入は多数の直接的犠牲者を出す。

しかし、それでも実現不可能な「和平」を時間をかけて求め続け、紛争を長期化し、犠牲者をこのまま増やし続ける、というシナリオも、上の強硬策と比べがたいほど最悪だ。

もし実現可能な「和平」があるのであれば、それが一番望ましいことであるのは当然である。政治家や有識者に、ぜひ現実的な和平案を示してほしい。

関連記事

category: 政治

thread: 軍事・安全保障・国防・戦争 - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/285-0f99cdce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。