現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

中曽根康弘と集団的自衛権、憲法解釈  

集団的自衛権については、そういうものはあるけれども使えないとなっている。なぜ行使できないかといえば、自衛の必要限度を超えるからだという。それが法制局の解釈です。

必要限度を超えるか否かをどこが判定するのかといえば、それは最高裁判所しかありません。しかし、この問題について、一回も裁判にかけられたことはない。必要限度そのものについても、裁判所で取り上げられたことはない。裁判所のほうで、そういう問題は統治行為の問題で馴染まないといって門前払いにしているのです。


私も憲法解釈は最終的には内閣法制局ではなく、最高裁判所が行うべきだと思う。しかし自衛権に関して、具体的にどうすれば解釈してもらえるのかは不勉強にして分からない。安全保障に関することで訴訟を起こせばいいのだろうか?

最高裁で決定されたわけでもないのに、必要最低限を超えるからと、法制局が勝手にいっているわけです。そんな便宜主義はないと思う。

中曽根はこのように法制局と最高裁判所を批判した後に、次のように論理を展開する。

村山富市さんが総理大臣になったとき、参議院で、「あなたはいままで自衛隊は憲法違反だといい、安保条約を否定していたのに、なぜいま、憲法違反でないといい、安保条約を認めるようになったのか」と質問されて、「国際情勢の変化、および国情の推移によってそのようにこれから未来に向かって対応することが適当であると認定したからそうするのです」という趣旨を答えています。政府がそのように対応することが適当であると認識して変えられるということは、つまりそれは政策論であると言うことです。

集団的自衛権における必要限度についても、これも政策論なのです。だから行使できないことはない。政策上やらないというだけの話なのです。


これには衝撃を受けた。単純な印象としては、野党時代には好き勝手主張していたが、いざ首相になるとそれが出来なくなったので詭弁を弄した、というお決まりのパターンのように思える。しかし、その詭弁が非常に重要な意味を持ってしまっている。中曽根が揚げ足を取って論理展開したように、自衛権に関する憲法解釈は内閣による《政策論》だと内閣総理大臣が国会で正式に答弁してしまっている。いつの国会答弁なのか、非常に気になる。

次に中曽根は、《政策論》として集団的自衛権をどこまで認めるべきなのか、持論を展開する。

私が考えているのは、集団的自衛権は行使できるとしても、国家安全保障法をつくって、限定的にやろう、条件付きでやろうということです。第一段階、第二段階、第三段階と、私は三つの段階に分けてそれを考えています。(中略)

第一段階は、米軍に対する物資の補給や輸送、あるいは基地を使わせることなどです。

第二段階は、米軍に対する防御的支援です。P3Cで哨戒をするとか、臨検拿捕に協力するとか、あるいは機雷が敷設されて危険があるとき、特に日本のタンカーも通れなくなって日本の生命線をもおびやかされるときなど、公海上で掃海艇を出して排除するとか、そういうことです。

第三段階は、米軍に対する防衛的武力協力で公海、公空のみで、外国の領域には入らないで行う、海上自衛隊と航空自衛隊が行う協力です。つまり、日本は公海と公空においてだけ米軍に対する武力行使を含む防御的支援を行い、外国の領土での戦闘はしない。そういうことです。


中曽根の発言は1996年のものだ。その後日本は、アフガン戦争、イラク戦争において第一段階には踏み込んだ。しかも日本国の領域外でだ。

この各段階のそれぞれについて、国家安全保障法によって規制し、閣議、国家安全保障会議、国会の承認等を通じて、事前、事後にそれぞれ介入させることです。それで国民や外国に安心感を与える。それが正常な国家のあり方ではないかと私は思うのです。

私は中曽根に同意する部分も大きい。しかしまだ自分の中で考えがまとまらない。

政治と哲学―日本人の新たなる使命を求めて政治と哲学―日本人の新たなる使命を求めて
(1996/12)
中曽根 康弘、梅原 猛 他

商品詳細を見る
関連記事

category: 政治

thread: 軍事・安全保障・国防・戦争 - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/278-c8f8bedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。