現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

原発・エネルギー政策について  

私は長期的には原発をゼロにするべきだと思っている。と、同時に短期的には、新安全基準をクリアした原発のいくつかは再稼働するべきだと思っている。

経済産業省は17日、電力需給に関する有識者会合で、原発停止の影響による燃料費増が2013年度は3.8兆円に上るとの試算を公表した。
ロイター 2013年04月17日

この莫大な費用を、再生可能エネルギーの普及に使うべきだ。そして少しでも早く原発のいらない社会を構築するべきだ。私はみんなの党が提案するような、徹底したエネルギー改革に賛成である。

3.8兆円あれば他にも色々なことが出来る。建物の免震補強、避難所の充実、被災者への賠償など。お金で救える命がたくさんある。

一方で、原発の新規建設には反対だ。トラブル続きのもんじゅも見限るべきだと思う。

使用済み核燃料については日本のどこかに埋めるしかないと考える。政府の政治力に期待したい。

関連記事

category: サイエンス/エネルギー

thread: 環境・資源・エネルギー - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/206-1e6ece11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。