現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自民党のTBS取材拒否について  

TBSを一方的に叩いても健全なメディア淘汰はおきません。今回自民党が取材拒否をしたのは、それをしたらTBSが放送局として致命的損害を被ることを知っていたからです。仮に萎縮というものを知らない腰の据わった新しいメディアが出てきたとします。「権力におもねるくらいなら取材なんていらない」というスタンスで自民党批判を続けて、マスメディアに成長したとします。すると自民党は今度は、その新しいメディアに合わせた形で新しい嫌がらせをしてくるのではないかと危惧します。そうやって出る杭が打たれていけば、結局、権力におもねるマスメディアだけが生き残ってしまいます。

自民党は日本最大の権力を持った組織です。


関連:
菊池雅志氏と、自民党・取材拒否を巡って


7月7日補足:
まず第一に悪いのは自民党。次に腰抜けのTBS。次に他の放送局。こういう順番だと思います。
関連記事

category: 政治

thread: 自民党 - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/200-61c903a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。