現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「死刑制度について」に答える  

死刑制度について

私は死刑制度を廃止するべきだと思っています。

普通の殺人が罪なのであれば、死刑という名の殺人も罪であると考えるべきだと考えます。現行法上では死刑は合法的な殺人として罪には問われませんが、殺意を持った殺人である点では変わりがありません。死刑執行人に殺人を強要するような法律を早い段階で改正するべきだと思っています。

死刑制度賛成の方がよく「被害者遺族の気持ちを考えろ」と言いますが、それだと「処刑される側の気持ちを考えろ」とそのままお返しすることを許すことになり、結局水掛け論になってしまいます。よって別の観点から議論を進めるべきでしょう。

また、「人を殺したのだから、自分も殺されて当然」との理論がありますが、このように罪と罰則を同じ種類のものでバーターするべきだという考え方に基づくならば「レイプ犯はレイプされて当然」となってしまいます。また、殺人犯が必ずしも死刑となるわけではなく、無期懲役に処される場合も多々あるので、この「人を殺したのだから、自分も殺されて当然」理論は破綻していると思います。

因みに私が全く言い返せない賛成派の方の言い分の一つは「現に国民の85%は死刑制度存続を望んでいるではないか」です。日本は民主主義国家ですから。


谷垣法相、死刑制度「見直す必要ない」
死刑制度に関する内閣府(総理府)世論調査の結果

関連記事

category: 法律/憲法

thread: 死刑制度について - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 1

コメント

>「処刑される側の気持ちを考えろ」とそのままお返しすることを許すことになり、


処刑されるにはそれ相当の理由があります。それは、身勝手な動機で何の関係もない人を殺害した者にとって言い訳のできないものです。掛け替えのない人命を奪っているわけです。その代償として自身の生命で償うという事があっていいでしょう。


何の非もないのに殺害された側としては、加害者がのうのうと生き永らえていることはとても容認できる事ではないはずです。命乞いをしている被害者を無残に殺害した加害者もいます。そういう者にどうして人並みに生きる資格があると言えるのでしょうか。被害者は、殺害された瞬間にすべてのものを失うのです。その無念はとても言葉にできるものではないはずです。


殺害された被害者の無念を思う事は、人として当然の事です。究極の刑罰としての死刑を執行される者の気持ちをどうして考える必要があるのでしょうか。「処刑される側の気持ちを考えろ」云々の主張が成り立つ余地はありません。

URL | クレーマー&クレーマー #2kbNzpR6
2013/03/09 14:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/19-e7a982be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。