現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

安倍首相への問責可決について 2  

(続き)
民主党はギリギリまで法案採決を主張した。
民主党の海江田代表は記者団に対し、「安倍総理大臣に対する問責決議案よりも、とにかく真っ先に平田参議院議長に対する不信任決議案の処理をし、国民の生活に影響のある法案をしっかり通さなければならない。順番はそういうことで決まっているはずだと与党側に何度も言っている」と述べました。
首相問責決議案 参院で採決へ – NHK NEWS WEB 6月26日

26日午前の参院議運委理事会では自民党が首相問責決議案の採決見送りを求めたが、民主党は同日中に採決するよう主張した。

自民、民主両党は電気事業法改正案など残り法案を今国会最終日の26日中に成立させたい考え。しかし、野党多数の参院本会議で問責決議案が採決されれば可決される可能性が高く、国会は不正常な状態となる。その場合、残り法案は廃案となる見通しが強まる。民主党は重要法案の採決後に問責決議案を処理するよう求めたが、自民党側は応じなかった。
首相問責案、採決へ 国会閉幕直前に綱引き – 日本経済新聞 2013/6/26
法案と問責の二兎を得ようとした民主党は、26日の参院本会議での議事の順序を、(1)与党提出の平田健二議長不信任案を野党の反対多数で否決(2)法案を可決、成立(3)首相問責を可決-とする筋書きを描いた。問責可決を後回しにすれば、政府提出法案の採決に臨めるためだ。
 しかし、26日午前の参院議院運営委員会理事会で、法案処理が終われば問責がたなざらしになりかねないと警戒したみんなの党が、問責の先行採決を主張、他の野党も同調した。民主党も参院選を前に与党寄りと映る対応はしにくいと判断し、最終的に与党との水面下の「合意」をほごにした。
 一方、与党側は「参院選で過半数を獲得すればいくらでも法案を通せる」(幹部)と見て今国会成立にこだわらなかった。むしろ、今回の混乱を「ねじれ解消」の必要性を訴える材料にしようと狙った面もある。
民主の筋書き破綻=問責と法案「二兎」追う – 時事通信 2013/06/26

民主党には貧乏神でも憑いているのかという程の不幸ぶりである。
海江田代表は自民党の対応について「参院選で『野党が法案をつぶした』とアピールしたいがための行動であり、強い怒りと憤りを覚える」と抗議の意思を表明。細野幹事長も「問責決議案の採決のタイミングをずらせば法案は成立させることができたが、自民党にはそうした動きはまったくなかった。幹事長会談を申し入れたが、これも受け入れられなかった。国民生活よりも選挙や政局を優先する許しがたい行為だ」と自民党の姿勢を批判した。
「国民生活にとって必要な法案をつぶしたのは自民党」海江田・細野臨時記者会見 2013年06月26日

民主党は上記のように事情を説明している。しかしマスコミ・有識者を含めて民主党に理解を示すものは殆どいない。まさにフルボッコ状態である。26日夜、石川和男と夏野剛は、鈴木寛の話を聞き一定の理解を示したが、彼等はごく少数派だろう。

霞が関政策総研 第三回目「ゲスト:鈴木寛」


話は逸れるが上の番組は自民党内部の暴露話、川口順子・委員長解任の際の裏話なども出てきて、非常に面白い。自民党の良識派についても触れられている。自民党にも良識派がいる事は細野も承知している。

自民党のしたたかさ。

自民党は小ずるいとかセコイというレベルを超えて圧倒的なしたたかさを見せた。そして自民党の思惑は全て成功した。
民主党の二転三転の方針転換には呆れるしかなかった。
「『重要法案の成立を邪魔した』と批判されたくはない」、「しかし安倍総理への問責決議案を提出した他野党との連携を大切にしたい」というのが民主党の心理だったのだろう。「世論にも他野党にもいい顔をしたい」という民主党らしいどっちつかずのポピュリスト的姿勢だ。しかしこの両立は不可能だ。

民主党は「問責決議案の採決は法案の処理が終わった後にしてくれ」と泣きついてきたが、これも無理な話だ。
問責決議案というのは、法案を提出している内閣のトップたる総理大臣に「NO」を突きつけるわけだから、まずその決議案の採決が優先され、可決されたらその後の政府出席の法案審議は行われない、というのが筋である。
最後は自民党から「問責決議を可決した後に、法案の審議をしてはどうか?」と助け船を出した。しかしこれに乗ってしまうと「総理問責が可決されても、国会審議が出来る」という前例を作ることになるので、野党として今後問責の効果が薄れてしまうと考えたのだろう、本会議場での問責決議案に関する討論の最中というぎりぎりの段階で断ってきた。

結局民主党は「みんなにいい顔をしたい」というどっちつかずの姿勢を続けた結果、終盤国会を大混乱させた上に、「電力改革法案」「生活保護改革法案」「海賊対処法案」といった国民生活や成長戦略に影響する重要な法案を廃案にしてしまったのである。

さらに民主党の細野幹事長は記者会見で「自民党が悪い」という趣旨の発言をしている。責任転嫁も甚だしい。

やっぱりこの参議院選挙でねじれを解消しなくてはならない。決意を新たにした。
【混乱下で国会閉会:だから参院選でねじれの解消を!】 - 世耕日記 2013年06月27日

問責可決後、自民党議員、支持者、知識人、一般人があちらこちらで民主党を糾弾している。ググればいくらでも出てくる。中でも上に引用した世耕弘成の文章は秀逸だ。民主党はもう何をどうやっても悪者になるしかないように仕組まれている。私はヘッセの『少年の日の思い出』を少し思い出した。 それはさておき一方で、自民党が法案採決に積極的でなかったことも世耕のブログから分かる。しかし多くの人はそんなことは気にしない。そして実際、国民から見てもどうってことないのだ。
上のように、長島昭久をはじめとする真面目な民主党議員がいくら苦悩しようが、参院選後には重要法案は難なく可決・成立することができる。しかも、ねじれが解消されているので、もはや民主党の協力は必要ない。可決・成立される法案は全て与党の手柄となる。
通常国会最終日の26日、永田町では、まさに重要法案そっちのけでの与野党の攻防が繰り広げられた。
午後1時20分ごろ、安倍首相は「さきほど、問責決議が可決されましたが。めげずに元気でやります」と述べた。
自民党の小泉 進次郎議員は「野党の皆さんにとって、逆効果だったんじゃないですか。問責を出すという意味は、『安倍政権、すぐに退陣しろ』という意味ですよ。野党の皆さんに、どうか参議院選挙で『今すぐ退陣しろ』という訴えをしてみてほしいですね」と述べた。
公明党の山口代表は「海江田代表、そして細野幹事長、どういうことを言っていたでしょうか。参議院の第1党としての責任感がない。そう断罪せざるを得ません」と語った。
首相問責可決 安倍首相「めげずに元気でやります」 ‐ FNNnewsCH 06/26


abe[1] 
問責可決後、安倍首相は自民党幹事長室へ盛大な拍手で迎え入れられた。自民党幹部たちは「ガッハッハッ」ともう笑いが止まらない。愉快で愉快で仕方がないらしい。

【問責】安倍晋三首相問責決議案 ~平成25年6月26日

abe[2] 
そして民主党の小川敏夫が問責決議・賛成討論をしている最中、安倍首相は堂々と読書をしていた。何を読んでいたのかは分からない。

【通常国会の閉幕を受けて】石破幹事長(2013 06 26)

石破茂幹事長は「問責が可決されても、法案採決の為のドアは常に開いている」という。しかし実際には明らかにドアは締まっている。


終わりに

こういった自民党のやり方が好きか嫌いかと問われれば、私は大嫌いだ。と、同時に政権与党にはこのくらいのしたたかさや駆け引きの上手さは必要なのだろうとも思う。

関連記事

category: 政治

thread: 民主党 - janre: 政治・経済

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/187-254b557f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国会閉会:参院選へ 首相問責、重要法案廃案    国民をなめきっている( ̄へ  ̄ 凸

もう本当にあきれるよりも 悲しくなってしまいます。 国会閉会:参院選へ 首相問責、重要法案廃案 第183通常国会は26日 閉会した。安倍晋三首相に 対する問責決議案が同日...

自分なりの判断のご紹介 | 2013/06/28 15:21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。