現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

群馬県藤岡市篠塚・西宝院へ 1  

※読み方は「さいほういん」なのか「せいほういん」なのか分からない。

西宝院は鬱蒼とした茂みの中にある、小さな寺院である。作りは古い。時々境内で子供が遊んでいることはあるが、基本的に人気(ひとけ)はない。寺関係者の姿も見たことはない。寺は本堂と離れが2軒、計3軒ので構成されている。

まずは寺の外側をぐるりと周りながら撮影。 ※私の写真の撮影日は全て2013年6月7日14:30頃である。
©Google
saihouin[1] 
①  右手の奥に離れの屋根が見える。
DSC_0205.jpg
②  寺の東は茂みを挟んで、畑となっている。
DSC_0204.jpg
③  謎のドラム缶
DSC_0194.jpg
④  謎のワゴンカー。
DSC_0193.jpg
⑤  入口の1つ。鉄棒とブランコが設置されている。
DSC_0136.jpg
⑥  鉄棒もブランコもかなり古い。サビだらけだ。
DSC_0137.jpg
⑦  正面門。基本開きっぱなし。
DSC_0138_20130608133218.jpg
⑧  西の角から。物凄い茂みだ。
DSC_0139_20130608133220.jpg
⑨  虫がブンブン飛び交っている。
DSC_0140.jpg
⑩  様々な鳥(多分)の鳴き声が聞こえる。低い不気味な鳴き声も。
DSC_0141.jpg
⑪  周りの道も殆ど人は通らない。
DSC_0142.jpg
⑫  撮影中は会わずにすんだが、蛇でも出そうだった。
DSC_0143.jpg
次回は寺の境内に入る。
(続く)
関連記事

category: 群馬県

thread: 群馬県から - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://moderntimeexistence.blog.fc2.com/tb.php/155-e74216fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。