現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大学生の内輪ノリライブを見て感動する  

軽音楽部の内輪ライブ

先日、諸所の事情があって、某大学の軽音楽部のライブを、ライブハウスで見る機会があった。4年生の卒業を記念した、いわゆる追いコン・ライブだ。

観客は20人程度。その半数は出演者も兼ねている。残り半数も私を除いた全員が、お友達/知り合いのようだった。時間はトータルで2時間半ほど。コピーバンド中心で、そこそこ上手いバンドもあり、はっきり言って下手っぴなバンドもあり。まさに大学の軽音楽部ライブだった。

MCも完全に内輪ノリ。観客フロアの友達とわいわい、どつき合いをやりながら、ライブは進んでいった。ラストは小さなアンコールが起きたが、予定外だったようで、演奏はせず、店内BGMをカラオケにして、歌って踊って盛り上がった。


それぞれの音楽を、精一杯。

10年前くらいまでは、私はこの手の、大学生の内輪ノリライブが大嫌いだった。音楽を真剣にやっていない感じがしたし、ちゃらい雰囲気が肌に合わなかった。お友達だけを相手にして、これでは全く外に広がっていかないとも思った。コピーバンドで満足しちゃうなんて、全然ハートがロックじゃない。こいつらはバカだ。 ……などと当時は思っていた。

しかし、今は違う。昔の私は《音楽活動》をものすごく狭い意味で捉えていた。音楽活動一直線で、広く一般のお客さんにどんどんアピールしていく、プロ志向の活動をしている人たちだけを「真剣に音楽をやっている人たち」と捉えていた。

しかし本当は、音楽活動には、様々な在り方があるのだ。人にはそれぞれ全く違うライフがある。音楽活動との向き合い方も多様であって当たり前だ。例えば、心の中では時々「プロ・ミュージシャンになりたい」と夢見ることはあっても、勉強も就職活動も友達付き合いもせずに、音楽活動ばかりをやっていてはいけない、と自制している大学生もいるだろう。自ら設けた制約の中で、今できる精一杯の音楽活動をしている人間はたくさんいる。

この日のライブにも私は感動を覚えた。出演者全員が、今日のこのイベントを、今しかないこの時を、可能な限り楽しいものにしようと、精一杯頑張っていることが伝わった。音楽を真剣にやっていないなんてとんでもなく的外れな偏見だった。そして、この日は4年生の追いコンである。卒業生は《軽音楽部所属の大学生》を必死で全うして、近々、社会へと旅立っていく。


内輪だから、友達同士だから、いい。

ライブハウスのスタッフを除いて、私はこの日唯一の部外者であった。私はずっとフロアの隅で聞いていたがやや居心地が悪かった。もともとこの手のノリが肌に合わない、という被害者感もあっただろう。しかし、それ以上に、私の存在が、イベントの素晴らしさを損ねているという《加害者感》が大きかった。

例えば、身内だけの誕生日パーティに、知らないおじさんが一人混じっていたらどうだろうか?友達の友達でもない、完全に見ず知らずの赤の他人が一人混じっていたら、そのパーティは、そのおじさんの存在が故に、委縮し、つまらないものになってしまうのではないか。

この日のイベントは一応一般からもお客さんを募っていたが、実質貸切ライブのようなものだった。

内輪ノリが楽しいのは、そこにいるメンバー全員が、気心の知れた内輪だけだからだ。下ネタや人を攻撃するようなネタは、どこまでが「あり(笑って済ませられる)」で、どこら辺に「超えてはいけない一線(笑えない)」があるのか、時と場所と場合によって異なってくる。それを初見さんが把握するのは非常に難しい。しかし、内輪なら、全員が共有するものがある。

また音楽の技術レベルや、今日この場所で音楽をやる目的についても、全員がある程度共有していないと、良いイベントにはならない。幼稚園のお遊戯会に、晩年のジョン・コルトレーンが登場しても浮いてしまう。

まさに内輪ノリライブは、広がりがないことに意味があるのではないだろうか。体裁としては一応、一般のお客さんを募っていたとしても、実は一般のお客さんは来てくれないほうがいい。そのかわり、《お友達》にたくさん来てほしい。体裁として一般のお客さんを募るのは、大学内の練習スタジオではなく、ライブハウスでライブをやりましたという、記念/思い出が欲しいから。そう思っている出演者も多いのではないだろうか。


この日、一番上手かった出演者

大学生の内輪ノリライブが楽しめるのは、儚くも短い大学生の間だけだ。これは掛け替えのないものなのだ。彼らは半分は大人であり、その掛け替えのなさを、十分理解しているように思う。

この日一番演奏がうまく、MCも上手かった女性は、『クマのプーさん』のティガーのコスプレ(着ぐるみ)を着ていた。そして、「2年前のこと覚えていますか?」「あの頃、私すごい恰好してステージに立って、ピョンピョンはねて」「もう2年前なんですよね」といった話をした。ティガーが、だ。つまり彼女は2年後になればまた、ああ2年前はすごい恰好してステージに立っていたな、と思うことだろう、ということを暗に示唆しているのだ。

追いコンにふさわしい素晴らしいステージだった。ありがとう。

スポンサーサイト

category: 音楽

thread: ライヴレポ・感想 - janre: 音楽

日向ぼっこにゃう。 その2。  

天気のいい日はこの場所がお気に入り。
DSC_0623.jpg
DSC_0624.jpg

category: ペット/PC/その他

thread: 猫と暮らす - janre: ペット

tb: 0   cm: 0

日向ぼっこにゃう。――あと、猫の「老い」について  

目やに、鼻水、よだれが目立ちますが、よほどひどくない限り放置しています。顔を拭かれるのを嫌がるからです。今年で15歳。人間でいえば76歳だそうです。最近ではトイレに行こうとして、トイレの手前で用を足してしまうこともあります。正直、もう覚悟は出来ています。その時が来たら、母親猫や兄弟姉妹猫と同じ場所に土葬するつもりです。
BiK5qzUIYAAuNrz.jpg 
この仔に子供はいません。早い段階で避妊手術をしたからです。この仔が他界すれば、我が家から猫が一匹もいなくなります。

category: ペット/PC/その他

thread: 猫と暮らす - janre: ペット

03/07のツイートまとめ  

sartrean

Fantasy: http://t.co/uHefIyT0uB via @YouTube 作曲しました。
03-07 22:35

上手に出来なくて構わない
03-07 19:08

RT @oonomotohiro: 5日の予算委員会における集団的自衛権に関する安倍総理との質疑の概要をブログにアップしましたので、ご参照ください。http://t.co/60lPCRfdVe
03-07 00:43

下手だけど、そこが良い - My Sweet Darlin' / 矢井田瞳 http://t.co/RhMZhA0T5c http://t.co/zgZDkC6DTf
03-07 00:41

category: Twitter まとめ

tb: 1   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。