現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

9条に関して政府は、憲法解釈の変更を過去一度もしていない  

9条に関する政府解釈

正確にいうと、「過去の政府憲法解釈と整合性の取れない解釈変更」である。これを、昭和憲法施行後、政府は一度もしていない。

よく引用される吉田茂総理の

第9条は直接には自衛権を否定していないが、2項が一切の軍備と国の交戦権を認めない結果、自衛権の発動としての戦争も、又交戦権も抛棄した

という旨の国会答弁は、実は昭和新憲法の制定過程において、憲法案を国会(第90回・帝国議会)に提出した際の答弁である。つまり「憲法案」の解釈であって、憲法解釈ではない。

この憲法案は、議会で審議され、修正もされている。

新憲法施行(1947年5月16日)後、政府によって行われてきたのは、過去の解釈と整合性を取りながら、未解釈だった部分に新しい解釈を加える行為である。言い換えると、政府は過去の解釈を否定せず、じりじりと解釈を拡大してきたのである。

唯一、若干例外的なのは《文民》に対する解釈だけである。

御指摘の「憲法の解釈・運用の変更」に当たり得るものを挙げれば、憲法第六十六条第二項に規定する「文民」と自衛官との関係に関する見解がある。すなわち、同項は、「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。」と定めているが、ここにいう「文民」については、その言葉の意味からすれば「武人」に対する語であって、「国の武力組織に職業上の地位を有しない者」を指すものと解されるところ、自衛隊が警察予備隊の後身である保安隊を改めて設けられたものであり、それまで、警察予備隊及び保安隊は警察機能を担う組織であって国の武力組織には当たらず、その隊員は文民に当たると解してきていたこと、現行憲法の下において認められる自衛隊は旧陸海軍の組織とは性格を異にすることなどから、当初は、自衛官は文民に当たると解していた。その後、自衛隊制度がある程度定着した状況の下で、憲法で認められる範囲内にあるものとはいえ、自衛隊も国の武力組織である以上、自衛官がその地位を有したままで国務大臣になるというのは、国政がいわゆる武断政治に陥ることを防ぐという憲法の精神からみて、好ましくないのではないかとの考え方に立って、昭和四十年に、自衛官は文民に当たらないという見解を示したものである。

衆議院議員島聡君提出政府の憲法解釈変更に関する質問に対する答弁書

2004年6月18日 内閣総理大臣 小泉純一郎

これらを「解釈変更」とは、私は言わない。


9条以外の最高裁解釈

昨年、2013年9月4日、結婚していない男女間に生まれた婚外子の相続分を、法律婚の子(嫡出子)の半分とする民法の規定に、最高裁大法廷から違憲判決が下された。

最高裁はこれまでずっとこの規定を「合憲」と判断してきたので、この判決は明らかに過去の解釈と整合性が取れない。

しかし、この判決は憲法によって権利が保障されている側である、国民の権利をさらに強化する判決である。公権力に対して「法律を改正して、国民の人権を守れ」と命令したのである。

なので、この判決は立憲主義に即した、司法による正式な解釈変更であり、立憲主義を否定するものではない。


政府解釈変更による集団的自衛権行使

次の条件をすべて満たした政府による解釈変更は立憲主義の否定である。私はこれに断固反対する。

1.  過去の解釈と整合性が取れない(過去の解釈を否定する)解釈変更。
2.  憲法によって縛られている側である公権力の、縛りを緩める解釈変更。
3.  時の一内閣(総理大臣)の、閣議決定による解釈変更。

安倍晋三首相が進めようとしている、集団的自衛権の行使容認は、上の条件にすべてあてはまる。

時の内閣はたいていの場合、議会でも多数派である。よって時の内閣が集団的自衛権の行使容認を閣議決定すれば、時の与党がその解釈に基づいて、法律を強行的に作る/変えることが出来てしまう。そして、行政組織(自衛隊を含む)はその法律に基づいて行動することが出来る。これは非常に危険なことだ。


最終的な憲法解釈権は本来、最高裁にあるが

橋下徹氏から下のような、問題提起があった。共感する部分が多い。これについては後日、機会があれば見解を述べる。

内閣の憲法解釈の責任者は首相だ。法制局長官でない。では内閣の憲法解釈の是非を判断する国の法の番人は誰か。

本来は、憲法裁判所になる。しかし日本には憲法裁判所がない。これが日本の統治機構の最大のゆがみだ。日本はアメリカ型を採用した。通常裁判所が憲法裁判を担当する。中学の公民でやった付随的審査制。通常裁判の中で憲法適合性が審査される。

そのことによって制度として規定されていた、裁判所による憲法保障が非常に弱くなった。日本の最高裁判所は違憲判決に極端に謙抑的になっている。

圧倒的な民意を基盤とする選挙によって、権力を与えられた政治に対して、通常裁判所の裁判官が対峙できるわけがない。そのような政治に対峙できる憲法の番人をしっかりと作るべきだ。それが憲法裁判所だ。

すなわち、安倍首相が集団的自衛権行使容認の憲法解釈をしたとしても、それに基づいた内閣の行為について、憲法裁判所が憲法適合性を審査できるのだ。安倍首相が集団的自衛権の行使を認めても、憲法裁判所が否定するかもしれない。これが本来の統治機構の在り方だ。

もし憲法裁判所にストップをかけられたら、それこそ憲法改正しかない。


2014年2月16日、Twitterにて

スポンサーサイト

category: 法律/憲法

thread: 国家論・憲法総論 - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

02/15のツイートまとめ  

sartrean

まぁでも、商売について色々考えるのは楽しいよ。 自由経済社会で良かった。
02-15 22:11

頭を絞るのだ。
02-15 22:05

Grooveshark - Listen to Free Music Online - Internet Radio - Free MP3 Streaming http://t.co/jjAkfmmBHk 良いサービスだと思うけど、重たいんだよね……。すぐ止まっちゃう。
02-15 20:36

(39)まだまだ広がる? 音楽ストリーミング : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/d2oaMAuot2
02-15 20:09

RT @nhk_news: 高崎線6000人が電車で一夜 http://t.co/xTz82pZaAU #nhk_news
02-15 12:33

RT @RIEL_PK: ハチ公増えてるwww http://t.co/6BCZdOwCnA
02-15 09:47

RT @kanda_daisuke: この米大使館の対応はいただけない。インタビューを受けた上で百田氏の発言を批判すればいいのでは? 出入り禁止を言い渡す日本の事件当局と同レベル/米大使館、NHK取材に難色 百田氏の発言理由に  - 47NEWS(よんななニュース) http:…
02-15 09:28

RT @tanji_y: かなり由々しき事態>米大使館、NHK取材に難色 百田氏の発言理由に  - 47NEWS(よんななニュース) / http://t.co/Ba9gm7wIFW
02-15 09:27

長靴とかそういうレベルじゃないし、さっき救急車のサイレンなってたし。 http://t.co/QlCr58CNpD
02-15 08:06

羽生くん、細っーい、のに、演技中、ポーズを決めると大きく映るなぁ
02-15 07:03

-- 続きを読む --

category: Twitter まとめ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。