現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

中曽根康弘が語る、民主党政権外交  


中曽根康弘が語る戦後日本外交中曽根康弘が語る戦後日本外交
(2012/10/26)
中曽根 康弘

商品詳細を見る

楠綾子: 2009年8月の衆議院選挙で民主党が勝利したことを受けて、政権交代が実現しました。鳩山由紀夫新政権は、普天間基地の移転問題の再検討でありますとか、東アジア共同体構想を重視するなど、従来の自民党政権の外交と比較して、日米の同盟関係を相対化するような方向性を打ち出しました。

中曽根康弘: 民主党外交がその後現実的に展開しているのを見ると、選挙に勝った後の民主党外交は研究不足で、外交論としては成り立っていないと思いました。さらに、悪いことには、自民党外交論を修正しようとしても、現実的には、自民党外交と同じことをやっています。結局、独自性を打ち出そうとした鳩山、菅外交は失敗したわけだが、今後は、自民党外交あるいは民主党外交という括りではなく、「保守党外交」という概念で総括すべきですね。

民主党も半分は保守党だから、同じ路線をやはり歩まざるを得ないし、実際に歩んでいる。対米外交関係、対アジア外交関係などにおいて、既定の路線から外れることはできない。政権党としての経験が長い自民党は、外交に対する知識は深さと広がりを持っています。しかし、鳩山以降の独自路線はいまだ展開する余地がない。

保守党外交では、日米安全保障を基軸にして、日本の経済的貢献度を背景に外交力を展開する。防衛力とか軍事力が表へ出ないで、むしろ経済力が表へ出る。文化力もあまり出ないね。要するに経済中心だね。

中島琢磨: 中曽根先生はかねてより、日中韓の首脳会議の開催であるように、東アジア諸国の連携を重視していました。鳩山さんも東アジア共同体構想こそ立ち上げますが、上手くいきませんでした。先生の東アジア共同体構想と鳩山政権が唱えたそれと、どこが違っていたのでしょうか。

中曽根康弘: 鳩山外交は、最初、私の目指した、保守の立場からさらに新展開する外交を意図していましたが、鳩山は言葉ばかりが先行してね、中身を持っていない。要するに、研究も足らんし、政策展開力も足らなかったと思います。鳩山政権は、日米同盟を重視せず、アジア外交を先行するという欠点が露呈していました。アジア外交は日米同盟を基軸に拡大・展開されるべきです。鳩山は、日米安全保障条約、日米同盟の重要性をしっかりと認識せず、対アジアなどの多国間外交が、頭にちらついたんだね。

しかし、やってみると、結局は日米外交が基軸だと分かった。なぜならば、完全な安全保障力を自分で持っていないのですから、日本はアメリカの核兵器に頼る以外ありません。したがって、日米外交を基礎としたアジア外交になる。それに、日本にとっての対アジア外交は経済外交があるだけだね。しかし、経済外交がそれだけで存立するかというとそうではない。菅直人君が政権をとった後、彼は「私の外交は中曽根先生のやった外交を踏襲します」と私に話しました。彼は、実際、そうしていたから、成功するように願っていたが、中途半端に終わった。野田佳彦政権は結局自民党の外交路線をやっているに過ぎず、独自の外交を考えているようには見えない。

そして、2012年12月、再び自民党政権に戻りました。

私は安全保障上の理由から日米同盟を基軸におき、その上で様々な外交をするべきだと思います。基本的に中曽根の言う「保守党外交」支持です。そしてこれからは経済は勿論、それ以外にも、留学生の行き来など人材、学問、文化的な交流が盛んになるといいと思っています。

スポンサーサイト

category: 政治

thread: 政治・経済・時事問題 - janre: 政治・経済

tb: 1   cm: 0

中曽根康弘が語る、小泉外交  


中曽根康弘が語る戦後日本外交中曽根康弘が語る戦後日本外交
(2012/10/26)
中曽根 康弘

商品詳細を見る

日朝首脳会談

服部龍二: 2004年5月の第2回日朝首脳会談後、小泉首相が首相経験者たちに官邸で報告したとき、中曽根先生は、「外務省をもっと使って、下準備を十分にやり、首相が最終決断するのが外交の筋道だ」と小泉首相を批判されています。北朝鮮に対する政策に限らず、小泉首相の政治手法、特に官邸外交とも称される外交をどのように評価されますか。

中曽根康弘: 拉致問題に対する小泉さんの対応は、断片的外交だな。北朝鮮に入っていって拉致問題を解決したのは、彼の功績であるけれども、一回で終わってしまった。瞬間的接触で、永続性はなかった。効果を狙ってやったんだろうし、また相手が相手だから永続性があるやり方ではやれなかっただろう。小泉首相の外交は、あまり人と相談しないで、独断で展開してきたという印象を持っています。だから、彼に「外務省を使って下準備を十分にやれ」と言った。それは政治家に対するいろいろな配慮や根回しという意味も含まれる。小泉君には、それが足らんと思った。やはり、自分の信念を貫くことは確かに大事だが、それにしても、下準備をやって最終決断することが必要である。小泉君は独往邁進する傾向があったから、それに対する党幹部の批判はかなりあった。

服部龍二: それに対して、小泉首相は何か言っていましたか。

中曽根康弘: いや、彼の反応は、あまり記憶にないね。

イラク戦争を支持


服部龍二: 一方2003年3月のイラク戦争で中曽根先生は、「アメリカの行動はいずれ正当に評価されるという確信を持っています」、「小泉首相がいち早くアメリカへの支援を決めたとき、私が直ちにこれを支持し、激励した」と『日本の総理学』で記されています。小泉首相の対米支援をどのようにご覧になっていましたか。

中曽根康弘: イラク戦争について、日本の政府の動向に注目が集まっていた。アメリカが独断でイラクを攻撃したと世界中で見られていたね。ところが、日本は早い時期に、アメリカに同調して旗幟を鮮明にした。私は、いずれそういう方向に行くのだろうから、決断は早ければ早いほど良い。この点については、根回しとか、世論形成に時間を取らんでも、もう結論はわかっているし、結局、国民の支持を取り付けることはできるだろうと睨んでいた。むしろ、政治家が早過ぎやしないかという印象を持っていたのに対して、国民の側が早く決定しろと思っていた、そういう認識の差があったと思う。小泉は国民の方を採ったわけだ。私は政治家側の一人だけれども、総理大臣経験者として、同じ結論になるなら、早い、遅いは別に議論する必要はないと見ていました。

服部龍二: 現時点で振り返って、米軍の行動や小泉首相の対米支援は正当だったとお考えでしょうか。

中曽根康弘: 今から考えてみると、アメリカの対イラク戦は思慮不充分で進められ、しかも、早く手を出し過ぎたきらいがある。しかし、フセイン政権の実情や、イラクの中東に対する軍事的影響力を考えると、イラクの強権独裁体制を終わらせる一助になったのではないかと思う。

中曽根は日朝首脳会談のとき、イラク戦争のときとでは、逆のことを言っている。
また、イラク戦争開戦当時の日本の置かれた状況下での対米支援表明については評価しているが、現時点から振り返るとなると、イラク戦争自体についてどうにも評価しかねるようだ。いつになく歯切れが悪いし、言い訳くさい。

ブッシュとの関係重視

道下徳成: 小泉さんの対米外交、対中外交はどのように評価されているのでしょうか。

中曽根康弘: いま振り返ると、政権期を通じてほとんど変わらなかったね。小泉とブッシュの人間関係に重点を置いた社交外交だ。私の時は政策外交と言っていいだろう。その差がある。

中島琢磨: 小泉政権期、対中関係が悪化した一因は、小泉さんの靖国参拝だったと思います。小泉さんの歴史認識に関わる行動や、アジア外交のあり方をどう捉えていらっしゃいますか。

中曽根康弘: 小泉君の外交のやり方を見ると、広い視野で、総合的にものを構成し、成立させていく配慮がかなり足りなかったと思う。ブッシュとの関係を一番重視していましたが、中国や発展途上国との関係は閑却していました。私らは、途上国や中国との関係を打開するのが日本外交の欠陥を直す大事なポイントだと認識していた。小泉の場合には、アメリカとの関係さえよくすれば、上手く行くという、そういう誤解をされるまで、アメリカ一辺倒だった。

中曽根へ助言を求めない


服部龍二: 竹下首相以降の歴代総理は、外交面で中曽根先生に助言を求めましたか。

中曽根康弘: 竹下、宇野は、年中相談に来ていたね。小渕なんかもよく相談に来た。その後でも、近いところでは安倍晋三もそうだ。あの前後諸君は割合に相談に来ていました。小泉純一郎は、あまり来なかった(笑)。だけど、基本は堅持していた。実際、小泉は、私とレーガンの関係に倣って小泉・ブッシュ関係を作り、テキサスの彼の家に招待されたことがあったね。

余談だが、安倍晋三首相は、2度目の首相となった今でも中曽根のもとへ、助言を求めに訪れるのだろうか。中曽根も高齢なので例えそうだとしても昔ほど頻繁に訪れることはない気がする。

category: 政治

thread: 政治・経済・時事問題 - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

中曽根康弘が語る、河野談話・村山談話  

中曽根康弘が語る戦後日本外交中曽根康弘が語る戦後日本外交
(2012/10/26)
中曽根 康弘

商品詳細を見る

服部龍二: 1993年8月4日、宮澤内閣の河野洋平官房長官は従軍慰安婦の強制性を認めた談話を発表します。河野談話については、2007年に安倍晋三首相の発言が物議を醸すなど、自民党内でも賛否が分かれます。河野談話について、どう評価されていますか。

中曽根康弘: 私は河野談話は全く評価していませんでした。いわゆる従軍慰安婦の問題については、もっと慎重に発言しなくてはいかんと思っていました。それまでの自民党の政治家は、皆、この問題についてコンセンサスがありました。つまり、強制性を認めておらず、話し合いによるものだったとね。左翼の連中は、これは強制されて連れて行かれたと主張し、我々とは対立していましたが、そのような経緯を覆して、河野官房長官が談話で従軍慰安婦の強制性を認めたことを、私は軽率だと思いました。検証もしないで今までの配慮を無にする、勝手な発言をしたという印象を持った。

服部龍二: 1994年7月、所信表明演説で村山富市首相と社会党は、自衛隊や日米安保条約を容認するなど現実路線に転換します。他方、阪神淡路大震災では、危機管理能力を問われることになりました。これらの政策や村山個人の資質について、どのようにお考えでしたか。

中曽根康弘: 村山君個人は非常に善人で、それまで我々が抱いていた社会党の党員に対するイメージを変えたね。だから、総理大臣としての村山を評価していました。社会党だったけれども、現実を直視し路線を転換したことには、政治家としてあり得べき見識をちゃんと持っていると思った。

服部龍二: 村山首相が1995年8月15日、終戦50周年に際して村山談話を出します。これについてはいかがですか。

中曽根康弘: 私は、時期が来て、時代の締め括りに日本政府が公式的発言を行う場合に、誰が村山談話的なものを出すかということが懸案になると考えていました。内容については一定の段階が来たら、結末をつける意味において必要なものにすべきだとは認めていました。それを終戦50周年の時に、村山首相の発言として出したというので、村山の政治性を非常に評価しました。我々が希望していることを全部言ったからね。私は、村山談話の内容と、発言のタイミングを評価しています。

服部龍二: 村山談話の策定過程をご存知でしょうか。

中曽根康弘: 外務省内部で助言をしてまとめた文面を、村山が採用したのでしょう。村山は国家の責任者になった時点で、社会党員の立場を捨てて、国家的政治家の立場に頭を切り換えた。私は、その政治家的な度量を評価していました。

中曽根が村山首相をここまで評価しているとは知らなかった。

category: 政治

thread: 政治・経済・時事問題 - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

09/18のツイートまとめ  

sartrean

RT @Sukuitohananika: このソウルに建設中のツインタワービルは、すごい。どこから見ても911の瞬間を凝固したようにしか見えない。マジですか?http://t.co/4EXttdF32p
09-18 23:44

#bsjapan こういう超大物ではない、江戸時代の偉人好き。
09-18 23:12

ギャグ漫画で、作中のキャラクターに、自分が作中のキャラクターであることを自覚させ、作品についてどうこう言わせる、手法。正式名称は何というのだろう? キャラクターがカラーページで「カラーページならではのギャグを飛ばさなきゃ!読者さんが飽きちゃうわ!」と話したりするやつ。
09-18 22:13

RT @kazukazu881: 小泉政権でブッシュのアフガニスタン、イラク戦争に支持をして、イラクに自衛隊まで派兵していて「僕たちはまだ、戦争の加害者にも被害者にもなれずにいる」って、いくら若いったって、もう物心ついている年だっただろう。博物館回る前に新聞を読んどけよとか思っ…
09-18 22:07

RT @amass_jp: 台風のため延期になっていた、NHK総合『坂本龍一 音楽で楽しむ 大河ドラマ』が9月22日(日)午後3時05分〜放送。大河ドラマ全52作品のテーマ音楽をいっきに紹介。「八重の桜」のテーマを手掛けた坂本龍一がその魅力を解説します http://t.co/
09-18 21:19

RT @hamaya__muro: 【悲報】「ピエリ守山」が撮影禁止に - NAVER まとめ:http://t.co/ifIze88r6K
09-18 21:17

#giants 見逃しでマケタ
09-18 21:12

#giants 去年は代打の神様とまで言われたのに…… >巨人・石井
09-18 20:39

#giants 骨折中につき、三輪車をチャリンコチャリンコするだけのドアラ
09-18 20:33

#giants 結果的にはHR一本で抑えた
09-18 20:31

-- 続きを読む --

category: Twitter まとめ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。