現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

サザンオールスターズ「ピースとハイライト」に賛辞を贈ります  



ポップスであること

楽曲はポップでゴージャス。歯切れの良い多数のキメをもち、アニメソング並みのノリの良さです。これに、一歩だけ踏み込んだ歌詞が相まって名曲になっています。バラードや、ヘヴィなロックではなく、あくまで《ポップ》であることが重要だと思います。ノリのいいポップなポップスという最も万人を対象としたジャンルの中で、万人には受け入れられないところに一歩だけ踏み込む。これはある意味で攻撃的と言えます。

ポップスには現実の面倒臭いことを、音楽が流れている間だけ忘れさせるという効果を狙った曲が沢山あります。夢を見させたり、切ない恋の記憶をくすぐったり。そうしてリスナーはみんなと一緒に想いを共有したり、プライヴェートな感傷に浸ったりするのです。サザンはそういう曲が大得意です。しかし今回、彼らはそういったリスナーをある意味、裏切ったのです。少しだけ現実社会を匂わせ、人によっては聞きたくない言葉を聞かせたのです。

そして、ポップスの世界は人気商売です。なので賛否の分かれるようなメッセージを発するのはとても勇気のいることであると思います。しかし、今回サザンは抽象性を失わないギリギリのラインまで踏み込んでいます。抽象性は失わずかつ、現実的な政治性も匂わせるという素晴らしいバランス感覚です。J-POPの世界で最もポップな存在である人たちが、活動再開ファーストシングルのA面曲としてこの曲を発表した意義は大きいと思います。

いくつかの批評について

この曲に対して、「お花畑」という批判がなされています
(Youtubeのコメント欄を参照)。しかし、本来はもっとお花畑でもよかったのです。何故ならポップスであるから。賛否が分かれる部分まで踏み込む必要はなかったのです。ポップス界ではお馴染みのテーマである「平和と愛を願う」だけで止めておけば、良かったのです。また、社会的メッセージを出すにしても例えば「震災復興」であるならば賛否は分かれず、ほとんど賛同しかなかったでしょう。

また、「ミュージシャンのくせに中途半端に政治に足を踏み入れている」という批判もあります。しかし、今回サザンはまさに《音楽》そのものでメッセージを発したのです。デモ、イベントへの参加、イベントのMC、文章などで反原発メッセージを出している音楽家は多数いますが、《音楽》でそれをやっている人はどれくらいいるでしょう(斉藤和義さんはやっています)。音楽家が音楽で社会的メッセージを発すること。それはまさに音楽家にしかできない事です。

「ピースとハイライト」は国民的バンドの復活にふさわしく、ファンファーレのような華やかなブラスサウンドで始まるポップな楽曲ではあるものの、歌詞は近隣諸国との緊張感漂う関係を連想させる極めて社会的な内容。復活を祝うお祭り騒ぎの歌ではなく、活動休止などなかったかのような通常運転モードの新曲は、新たなスタンダードナンバーとしてリスナーの生活に溶け込んでいくに違いない。

毎日新聞デジタル 注目の新譜 : サザンオールスターズ「ピースとハイライト」 新曲発表で5年ぶりに活動再開 2013年08月08日

また、毎日新聞のこの批評は、一部的外れだと思います。私はこの曲が「新たなスタンダードナンバーとしてリスナーの生活に溶け込んでいくに違いない」とは思いません。この曲はスタンダードのような持続性のある、時代を感じさせないような曲ではなく、その逆だと思います。この曲は「今、この時代」に向き合った名曲だと思います(結果的に未来においてスタンダードになるかどうかは分かりません)。また、生活感からも少し乖離した、社会的な曲であることは明らかです。また、この批評は日本語の文章的にも「復活にふさわしく」と言いながら「復活を祝うお祭り騒ぎの歌ではなく」と言っていて何だか変です。

楽曲とMVについて

何気なく観たニュースで お隣の人が怒ってた

つまり上から目線でもなく下から目線でもなく、一般人目線なわけです。「俺様大スター」でも「可哀そうな僕ちゃん」でもないわけです。

MVでサザンは錦鯉や浮世絵、武士のイラストをバックにして戦隊ヒーローに扮して演奏をしています。武士は刀を抜いていますね。これは「戦う」姿勢であると見て取れるでしょう。「ユーモア」と「ポップ」という得意の武器を持ってサザンは戦っているのだと思います。そして「俺たちは日本人なんだ」という意思表示にも取れます。

スポンサーサイト

category: 音楽

thread: サザンオールスターズ - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

のり子! Fly high  


『のり子! Fly high』
監督・脚本・作画: 小林孝範

女子体操部が舞台の青春ものアニメ?です。以下に脚本を掲載します。


図二のり子。私立東京五輪中学校・女子体操部、2年生。

タオル子「のり子ちゃん、お疲れ~すごく綺麗だったよ」
のり子「ま、私はあなたと違って、体操部のエースだし?」

のり子(体の調子が良い……。何もかもが完璧だわ。行ける。全国大会、上位入賞が狙える……!)
コーチ「図二さん!」

コーチ「また勝手なことをして。私の補助のない所で大きな技をやったら、危ないでしょう?何度言ったらわかるの?」

のり子「はーい。すみませんでしたー」
のり子(私の才能をひがんでるんだわ。現役時代、無名だったから)

コーチ「さ、みなさん準備運動は終わりましたか?今日の練習もまずは、基礎トレーニングからよ」

のり子(また基礎……。私にはもう必要ないのに)

のり子(あれ……)

のり子(男子の鉄棒……)

のり子(そうだ……!)

コーチ「ハイ!テンポよく!怪我に気を付けてね!」

のり子(段違い平行棒より男子の鉄棒の方が高さがあるから、難度の高い下り技がやりやすいはず……!)

ガヤ「ガヤガヤ」
コーチ「?」

のり子(チャレンジしたい!もっと高く飛びたい!)

コーチ「図二さん!」

のり子(絶対に出来る!)

のり子(私の背中には羽がある)

のり子(やった……!)

コーチ「図二さん!」
のり子「コーチ……」

のり子「コーチ、私やりました!ついに、フジマキⅢに成功しました!」

コーチ「……」

コーチ「……しくしくしく」

コーチ「うえ~ん。えぐえぐ……しくしくしく」
のり子「コ、コーチ?何で泣くんですか?」

コーチ「図二さんはどうして私の言うことを聞いてくれないの……?」

のり子「え?」

コーチ「補助のない所で大きな技をしたらいけないって何度も言ったでしょう!取り返しのつかない怪我をしたらどうするの!死んじゃうかもしれないのよ!」

のり子「!」

コーチ「大きな声を出してごめんなさい……。指導者失格ね……」
のり子「コーチ……」

コーチ「ごめんなさい……。今日の練習はここまでにさせて……」

ガヤ「ガヤガヤ」
のり子(……)

のり子「何よ!」

のり子「チャレンジするのはいいでしょ!?私は成功したのよ!少しくらい認めてくれたっていいじゃない!」

コーチ「……」

ガヤ「今日はもう終わり?」「大会も近いのに……」「コーチ、泣いてたね」
のり子(私が……)

ガヤ「あーあ、これからどうなるんだろ」「明日からどうなるのかな」「あーあ」
のり子(私が悪いみたいじゃない……)

タオル子「のり子ちゃん……。大丈夫?」

のり子「触らないで!」
タオル子「きゃ!痛い!」

のり子「もう知らない!」

タオル子「あ、待ってのり子ちゃん!」

のり子「キャ!!」

タオル子「のり子ちゃん!大丈夫!?」
のり子「んっ……」

救急車「ピーポーピーポー……」

医者「捻挫だね。全治2週間くらいだと思うよ」
のり子「はい……分かりました……」

2週間後

体育館にはいつもの風景があった

優しくて厳しいコーチ

一生懸命な部員たち

私の居場所はどこにもなかった

公園

のり子「……」

のり子「よし!」

のり子「暗く落ち込むなんて、図二のり子らしくないわ!」

のり子「体操なんて、たかがクラブ活動じゃない!あんなもの」

のり子「あんなもの……もう……」

のり子「……」
?「もうやめよう」

?「逆上がりなんて出来なくてもいいよ」

ダメ太郎「むしろ鉄棒なんて格好悪いし」
健気子「だー君……、まだ練習、始めたばっかりだよ?」

ダメ太郎「いいの!たかが鉄棒じゃないか!くだらないの!」
健気子「私に怒らないでよ~」

のり子「鉄棒を馬鹿にするな!このクソガキ!」
ダメ太郎「ほげ~~」
健気子「きゃっ」

ダメ太郎「何だよ姉ちゃん!いきなり小学生の頭を殴りつけるなんて、タンコブになったらどうするんだよ!」
のり子「ふん」

のり子「私は体操を馬鹿にする人間が許せないの!それに何さ、大して練習もしないでもう止めちまうのかい!?情けない!」

のり子「ほら、私が補助してあげるから、もう一回やってみなさい」
ダメ太郎「えー?」

ダメ太郎「俺、ぶら下がった後どうすればわからないんだよー」
のり子「そもそもぶら下がり方が悪い!あんたは基礎が分かってないね!」
健気子「だー君、頑張ってー♡」

のり子「ほら、身体の重心はもうちょっと上だよ!」
のり子(そういえば……)

のり子(体操部に入った頃は、私も何も分からなくて……)

のり子(コーチに手とり足とり教えてもらったんだっけ)
ダメ太郎「ぎゃー!落ちるー!怪我するー!」

のり子「私が支えてるから怪我しない!安心して落ちな!」

30分後……

健気子「やったぁ!だー君、格好いい!」
ダメ太郎「ぐへへへ……逆上がりくらいで、照れるじゃないか」

ダメ太郎「お姉ちゃん!鉄棒って楽しいね!」

のり子「……」

のり子「ふふ……」

のり子「そうよ!めちゃくちゃ楽しいのよ!」

次の日……
ガヤ(体育館の中から、部員たちの練習の声が漏れている)

ガヤ(体育館の中から練習の声)

のり子「ただいま……。みんな」

タオル子「わー!のり子ちゃんが帰ってきた!」
部員たち「おかえりー!」「のり子ちゃ~ん!」

部員たち「足は大丈夫?」「また一緒に頑張ろうね」「のり子ちゃんがいなくて寂しかったー」

のり子「コーチ……」

コーチ「おかえりなさい。図二さん……」

ただいま、コーチ

コーチ「さあ、みんな。練習再開よ!」
部員たち「ハイ!!」

こうして厳しい練習がまた始まった。

地道な基礎トレーニングは本当にキツイ!でも……

コーチや仲間たちが支えてくれるから、私、もう負けない!
 (105)
 (106)
私、今、この場所が大好き!
END

category: 創作

thread: 創作(オリジナル) - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

08/16のツイートまとめ  

sartrean

RT @asahi_digital: 〈速報〉楽天の田中、21連勝達成 プロ野球新、稲尾抜く http://t.co/AyKmvqwo9v
08-16 21:32

RT @nagashima21: 前原さんと訪韓するとの報道記事。旧知の議員や政府高官や有識者との意見交換を通じて日韓政府間の関係改善への糸口を掴みたいところ。媚びに行くわけでも喧嘩しに行くわけでもない。日本のアジア太平洋戦略にとって韓国との関係は重要だ。野党ではあるが、今後も…
08-16 21:30

#giants 實松が当たっていたらしい
08-16 21:28

#giants 堀内恒夫・参議院議員の解説だった。
08-16 21:23

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー) 渡辺 京二 http://t.co/8Uxv5CFxSs via @AmazonJP 最初の方しか読まなかった。あまり面白いと思えなかった。繰り返しがしつこく感じられた。
08-16 21:19

錯覚でも何でもなく言葉の(私的)定義の問題だと思います。 >渡辺京二
08-16 21:14

【レビュー】Studio One 2導入 その後〜Switch from Protools. 痛みの末に得たもの。 | Yasuhiro Nakashima http://t.co/DnlT35we7L via @looppark
08-16 18:01

黒人って格好いいな、と思う #世界陸上
08-16 17:02

世界の壁は高い #世界陸上
08-16 16:59

はだしのゲン「閉架」に 松江市教委「表現に疑問」 - 47NEWS http://t.co/xJv7RSHoO9 PG12、中学生以上を推奨、くらいの表現は確かにあった気がする。しかし《戦争》を伝えるという大きな意義があるわけだし、私は小学校の図書館で自由に閲覧できて良いと思う。
08-16 16:54

-- 続きを読む --

category: Twitter まとめ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。