現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

04/08のツイートまとめ  

sartrean

SMAP「Mistake!」作詞:いしわたり淳治、作曲:HIKARI、編曲:CMJK すごいいい曲だと思います #fujitv
04-08 23:03

米倉さんかわいそ(´;ω;`) #fujitv
04-08 22:56

つよぽんがスゲー嫌な奴 #fujitv
04-08 22:54

拓哉:泊まってけば? #fujitv
04-08 22:49

木村:なかなかお前の味になんないんだよ  キャー(〃∇〃) ☆ #fujitv
04-08 22:48

100人→10人が襲ってきても俺がスマップを守る―― 中居君格好いい! #fujitv
04-08 22:39

SMAPにはいい曲いっぱいあるね! #fujitv
04-08 22:33

知らない曲も多いけど90’sな感じでとても良い #fujitv
04-08 22:31

やっぱみんな昔の曲も覚えていて歌えるんだね #fujitv
04-08 22:30

罰ゲームが昭和生まれ #fujitv
04-08 22:09

-- 続きを読む --

category: Twitter まとめ

tb: 0   cm: 0

For The English practice  

I'll write dialy in English. For The English practice.
 
Hi everybody. I want to read & write beginner's basic English. This is its practice.
At Japan, Proverb. “Narau yori Narero” It’s mean that, “Use! more than learn!”
Ha Ha Ha lol

By the way, I'm seeing Baseball on TV. Japanese professional baseball. My cheering team is Yomiuri Giants. This team's other name is "Kyojin" in japan.
 
Now series, Kyojin is very strong. Now 6 win continuing.
 
murata.jpg ©時事通信社
↑Murata. Third baseman.
    

category: スポーツ/テレビ/芸能

thread: 英語 - janre: 学問・文化・芸術

分配法則の証明  

A×(B+C)=A×B+A×C
日常に於いては公理とされているこの分配法則の証明を試みる。
 

数学的帰納法による証明
 
数学的帰納法は自然数に関する命題P(n)が全てのn に対して成り立っている事を証明するための、次のような証明手法である。
 
(Ⅰ)  P(1) が成り立つ事を示す。
(Ⅱ)  任意の自然数 k に対して、P(k) ⇒ P(k + 1) が成り立つ事を示す。
(Ⅲ)  以上の議論から任意の自然数 n について P(n) が成り立つ事を結論づける。
 
命題は A×(B+C)=A×B+A×C
Cを変数としてCについて数学的帰納法を用いて証明する。
 
(Ⅰ)  まず左辺のCに1を入力する。
 
A×(B+1)
 
これは乗法の定義により、Aが(B+1)個あるという状態である。(B+1)とはAがB個と1つあるという状態である。よって
A×(B+1)
=A×B+A×1
 
 
右辺のCに1を入力したときと同じ状態になった。
よってC=1のとき命題 A×(B+C)=A×B+A×Cは成立する。

 
(Ⅱ)  まずC=kが成り立つと仮定する。
 
A×(B+k)=A×B+A×k
 
このときC=(k+1)も成立すればよい。左辺のCに(k+1)を入力する。
 
A×{B+(k+1)}
 
結合法則により、足し算の順番は変わっても良い。よって
 
=A×{(B+k)+1}
 
乗法の定義により、これはAが(B+k)と1つあるという状態である。よって
 
=A×(B+k)+A
 
先にA×(B+k)=A×B+A×kが成り立つと仮定されているから
 
=A×B+A×k+A
 
A×k+Aとは乗法の定義により、Aがk個と1つという状態である。よって
 
=A×B+A×(k+1)
 
 
これで、右辺のCに(k+1)を入力したときと同じ状態になった。
よってC=kが成立すると仮定したとき、C=(k+1)が成立した。

 
(Ⅲ)  以上からCがいかなる自然数であろうとも、A×(B+C)=A×B+A×Cは成立する
 
 
ただ、私はこの証明に若干の疑問を持っている。分配法則の場合はABC全てが変数であるのにCのみに数学的帰納法を用いて全体を証明したことになるのだろうか。数学的帰納法を用いた証明の例としてよく用いられる等差数列の和の公式と、分配法則の等式とではやはり違うのではないか。 また、数学的帰納法はどうも自然数に関する命題を証明するためのものの様だが、分配法則はその値が分数でも成立する。
 
私はずぶの素人だ。出来る事ならいつの日か専門家に答えを聞きたい。
 
引用・参照:森羅万象因果応報高校数学の基本問題Wikipedia
 
 
交換法則、結合法則による私的理解
 
次に証明と言えるかどうか不安があるが私見を述べる。
A×(B+C)とは交換法則により(B+C)×Aである。これは(B+C)がA個あるという状態である。
bunnpai[1]

と表せる。これを数式に直すと
A×B+A×C
となる。よって分配法則
A×(B+C)=A×B+A×C は成立する。

category: サイエンス/エネルギー

thread: 数学 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 3

04/03のツイートまとめ  

sartrean

NHK放送受信料にも RT @nhk_news: 共通番号制度 将来は公共料金にも http://t.co/3XLUwXHQ1U #nhk_news
04-03 22:24

かちました! #giants
04-03 22:16

新入社員に女性4割「法律で」 野田聖子・自民総務会長(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース http://t.co/wiE1vXhNfO 優秀な女性人材を活用できない企業が市場のルールの下で自然淘汰された結果、女性労働人口が自然と増える、というのが私の理想です。
04-03 22:03

新入社員に女性4割「法律で」 野田聖子・自民総務会長(朝日新聞) http://t.co/wiE1vXhNfO 社会環境を整備した上で、企業の合理的経営判断にまかせれば女性社員はこれから自然と増えるはず。 私は国による規制には反対です。 確か高市さんもこれに反対していたはず。
04-03 21:58

らじこへ移動 野球のテレビ中継はそんな人気ないのかにゃあ? 悲しいにゃあ #giants
04-03 21:53

山口さんふんばりがんばー #giants
04-03 21:50

category: Twitter まとめ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。