現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大塚英志『キャラクター小説の作り方』 1  

大塚英志『キャラクター小説の作り方』 2003年2月20日発行 講談社現代新書 
キャラクター小説の作り方キャラクター小説の作り方
(2003/02/20)
大塚 英志

商品詳細を見る

ハウトゥー本の体裁をとっているが、大塚の文学論・漫画論として読める。全体としてはそれなりに良い事を言っていると思うが、語り口が冗漫で繰り返しが多かったり、所々でトンチキな説明をしたりと、《惜しい》本になっていると思う。
 
そこで、内容を整理整頓し無駄を削り補足を加え、さらに批判的な視点も交えながら、私なりの理解をここに記してみたい。
 
 
第1講 キャラクター小説とは何か
 

批評:
大塚の言う《スニーカー文庫のような小説》とは今の言葉で分かりやすく言うと《ラノベ》である。ただラノベも着実に歴史を積み重ね2003年当時のものと、2013年のものとでは変わってきている。2013年に視座を置いて《スニーカー文庫のような小説》を《ラノベ》と言い換えてしまうと誤解を生む可能性がある。《2003年頃のラノベ》と言ってもいいが分かり難いと思うので、ここでは基本大塚に忠実に倣って《スニーカー文庫のような小説》という言い方をする。
 
大塚:《スニーカー文庫のような小説》はキャラクターグッズの一つとして売られている側面がある。後述するようにそれがアイデンティティでもある。カバーイラストがお約束の様にアニメ絵だというのはその象徴だ。しかし作家はそこに甘えて小説としての価値を付与することを放棄してはならない。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流

商品詳細を見る
 
大塚:日本文学の大半は明治以降、自然主義文学の手法に基づいて描かれてきた。SFなどは現実を逸脱する場合があるが、その逸脱が成立可能となるようなロジックをあくまで現実のロジックの延長で考えていく。《私》と一人称で書かれた時、読者はそれは作者自身の反映だと考える。それの偏ったものが私小説であり、それは作者の内面を写生したものだ。

批評:大塚はここで言文一致の近代小説の大半を広義の自然主義文学と定めている。 大塚に補足する。自然主義文学では舞台設定が現実世界に非常に近い世界であるため、生身の作者が《私》として登場しうる。《私》以外のキャラクターも実在の人物をモデルに出来る。それは非実在キャラを登場させる際、そのキャラには実在してもおかしくないリアルなキャラクターデザインが求められるということでもある。 また、自分以外のキャラの目線で写生を行うときにも当然リアルな《なりきり》が要求される。 作者の負っている3つの役割については後述する。

 oot[1]oot[2]
※左上写真:©pony3295  右上写真:田山花袋  下写真:田山花袋の本が手元にないので、堀辰雄の全集を自分で撮影


大塚:
その中にあって数少ない例外が探偵小説と《スニーカー文庫のような小説》である。《スニーカー文庫のような小説》とはアニメやコミックという仮想世界を写生する小説だ。仮想世界の中に存在するロジックに従って書かれている。一人称で書かれた場合でも作者の反映としての生身の《私》は存在しない。
 
批評:つまり手法としては自然主義文学と同じだが、写生対象が違う。それは決定的な違いだと大塚は言う。 大塚に補足する。2次元には生身の肉体を持った作者は登場しえない。よって作者の分身たる《私》や、実在の人物をモデルにしたようなキャラがそのまま登場できない(デフォルメすれば場合によっては可能)。よって《なりきり》によるキャラ目線での写生が大きなウェイトを占めることになる。

oot[3]oot[4]
左上:©谷川流・いとうのいぢ  下:ハルヒが手元にないので公野櫻子のべびプリを自分で撮影


大塚:
僕は小説やシナリオを書くときまず、文字だけでなくキャラクターデザインと設定資料を作る。それを経由して小説やシナリオを書く。

DSC_0104.jpg©Eiji Otsuka

批評:
大塚は写生元である虚構世界と非実在キャラを先にメイクする(ゲームデザイン)。その後語り手(ゲームマスター)となり、プレイヤー(なりきり)となる。という手順を踏んで創作活動をしているそうだ。

 
<第2講へ続く>
スポンサーサイト

category: 批評

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。