現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

細野豪志 民主党幹事長 2013.3.13  

以前書いた「産経新聞と細野発言」という記事で触れた、記者会見の動画がyoutubeにアップロードされた。

細野豪志 民主党幹事長 2013.3.13


民主党の政治理念や政治哲学、国家観、価値観を説明した後に下の様に続けた。

“この選挙をですね、私はこういう私どもの目指す価値を掲げて戦いたいと思います。去年の総選挙で私が何が不満かというとですね、我々が目指す価値や立場というのを説明する間もなく選挙が終わってしまった。党首討論で一瞬の勝利が野田総理にあった。そのことによって「決断」というのを前面に立てて選挙を戦ったのを、ものすごく私は悔いてます。そうじゃなくてあの時に、民主党は色々失敗もあったかもしれないけれど、こう社会を目指してきたんだと、その中で例えばコミュニティスクールやNPOの活躍や自殺の減少って言うのもあって、こういう社会を目指しているのでその価値に賛同している人たち、どうぞ投票してくださいと言っていたらですね、選挙の結果はそれほど変わらなかったかもしれないけれども我々はですね、仮に負けたとしても悔いはなかったですね。残念ながらそうはなりませんでした。ですから今度の参議院選挙は私が幹事長として迎える以上はですね、この価値を前面に掲げて戦います。”

野田氏前面アピールは「失策」 衆院選で細野幹事長 
スポンサーサイト

category: 政治

thread: 報道・マスコミ - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。