現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

市歌のウェブ公開は不可だそうです  

多くの自治体は自分たちの歌を持っている。県歌/県民歌、市歌/市民歌と呼ばれるものだ。そして多くの自治体がその音源を公式ホームページにてウェブ公開している。自由にダウンロード出来るようにしている。

ところが、私の暮らす市のホームページにおいては、楽譜は掲載されているが、音源がない。そこで、2014年1月12日、私の住む市でも音源をウェブ公開したらどうかと、市役所へメールで問い合わせをしてみた。

市歌について、私自身、もしかしたら子供の頃に聞いたことはあるかもしれないが現在では全く覚えていない。市民が自分の市の歌を知らないのは残念なことだ。

すると1月17日、市役所の秘書課の方から、以下の返答をメールでいただいた。
先日は、市歌の活用について、貴重なご提言をいただきたありがとうございました。

早急にご返事をさせていただかなくてはならないところですが、現在、著作権等の権利関係と、その活用法の可否等について調査をしております。

関係する機関への問い合わせの必要もあり、大変申し訳ございませんが、回答にはしばらく期間をいただけますようお願いいたします。

そして1月30日に、同じく市役所の秘書課の方から、以下の返答をいただいた。
市歌の活用についての提言に対して、下記のとおり回答させていただきます。

 この度の貴重なご意見、誠にありがとうございます。
 市ホームページへの音源の掲載、並びにYoutubeなど動画サイトへの掲載について検討させていただきました。
 その結果、著作権が作詞者、補詞者、作曲者それぞれにあり、市に帰属されていないため、音源掲載にあたりましては使用料が生じてまいります。そのため、ご提案につきましては不採用とさせていただきます。ご理解いただけますようお願いいたします。
 なお、市では市歌のカセットテープの販売や、市役所庁舎での毎朝の放送などを行って市民への浸透を図っております。

お金がかかるなら仕方がない。税金は有効に使うべきだ。――音源をウェブ公開している自治体は著作権料を払っているのだろうか。それとも作曲家等より著作権を委譲してもらったのだろうか――実際、市歌というものが歌われる機会は少ない。私も聞いてみたい気持ちはあるが、どうしても!、という程ではない。

それはそうと「市では市歌のカセットテープの販売や、市役所庁舎での毎朝の放送などを行って市民への浸透を図っております。」という発言は、市歌を市民に浸透させる気は毛頭ないと言っているのに等しい。

スポンサーサイト

category: 群馬県

thread: 群馬県から - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

田舎のショッピングモールの現実  

内藤忍さんが下のような記事を書いておられる。

マクドナルド、KFC、スタバ・・・というように見たことのあるお店が一堂に並んでいます。確かに地元の人にとっては便利なものなのかもしれませんが、ここに人が集積することで、地元の個性あるお店がどんどん客を奪われていくのが実感できました。

ショッピングモールに車で来れば、すべてのことが簡単に済ませられる。便利なのは事実ですが、日本全国がこれによって画一化されていくのは、寂しい気もします。

日本という国は、それぞれの地域に独自の文化があり、たった数日滞在しただけでも、東京にいる時とは違った風習や生活習慣、食事などに触れることができます。それこそが日本国内で旅行をする楽しみの1つです。

ところが、全国チェーンによってどんどん画一化が進めば、そんな楽しみが減っていってしまい、地方の魅力が無くなってしまいます。地元の人たちの利便性も重要ですが、特色の無い街には人は集まりません。

便利な巨大ショッピングモールが、日本全体を画一化していく

ところで、私の住む町(田舎)にもスーパーセンターfeelという、ショッピングモールがある。駅から離れている郊外型。ショッピングモールとしては小~中型だろうか。

ここにはマクドナルドもKFCもスタバもない。正直、あまり便利ではない。人がいないことはないが、流行っているとか活気があるとは言えない。少し前に話題になったピエリ守山さながら、何もない空いたスペースも目立つ。基本、中の店の入れ替わりが激しく、数か月、時間を空けて訪れると全く新鮮な気持ちでショッピングが出来る。

今日、久しぶりにここを訪れ、数か所、写真を撮影してTwitterに投稿したのでそれを下にまとめた。


※後で調べてみたら、(株)スーパーセンターフィールは2012年に倒産しており、民事再生法が適用されていた。現在、細々と営業を続けながら、経営再建中のようだ。


追記(11/5):
ショッピングモールというより屋内商店街と言った雰囲気である。

category: 群馬県

thread: 地域活性化 - janre: ビジネス

宮崎駿『風立ぬ』と藤岡市立図書館  

2013年7月3日、藤岡市立図書館へ行った。すると正面すぐに宮崎駿監督作品『風立ぬ』のポスターが張られていた。すぐ右には零戦関連図書を並べる特設コーナーが出来ていた。

藤岡市出身で零戦艦上戦闘機の設計者。
宮崎駿監督作品『風立ちぬ』の主人公のモデルとなった堀越二郎氏に関連する本です。

職員の方に写真を撮らせていただけないかと尋ねた。ポスターについては著作権の関係でご遠慮くださいということだった。しかし関連図書を並べたラックについては許可を頂いたので撮影してきた。

DSC_0464.jpg 
写真では分からないと思うが、ポスターの隅には小さな注意書きが貼られていた。「ポスターはご厚意でいただいたものです。配布や複写はしておりませんので、ご了承下さい。」と書かれていた。
DSC_0466.jpg 
写さなかったが、80歳近くと思われるご年配の紳士がここで足を止め、色々な本をしばらく立ち読みしていた。
DSC_0467.jpg 
ただ、ここに並べられた本はおそらくAmazonでも手に入る。欲を言うならば《藤岡市》でなければお目にかかれないような貴重な資料や本も並べて欲しかった。
DSC_0468.jpg 
DSC_0469.jpg

category: 群馬県

thread: スタジオジブリ - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

群馬県藤岡市立図書館・花壇  

花の日常的な手入れは図書館職員の方がしているようだ。時々じょうろで水を与えているのを見かける。本格的な手入れや、生垣については分からない。
撮影日時は2013年6月16日、日曜日、15時45分~53分。天候は晴れ。暑い日だった。
©Google
fujiokatoshokan[2] 
①エントランス前、正面通路、南側。プランターが並べられている。
DSC_0323.jpg
DSC_0324.jpg
DSC_0325.jpg
正面通路、北側。この通路には屋根がある。
DSC_0326.jpg
DSC_0327.jpg
DSC_0328.jpg
②正面通路の北にはブロックで仕切られ、少し高くなったスペースがある。そこには低木と裸婦像が飾られている。ブロックの縁にはプランターが置かれている。
DSC_0329.jpg
DSC_0330.jpg
DSC_0331.jpg
DSC_0332.jpg
角。
DSC_0333.jpg
裸婦像を正面から撮影。藤岡市立図書館は1967年12月開館、1990年10月リニューアルである。おそらくどちらかのタイミングで飾られたのではないだろうか。少なくとも私が物心ついた頃にはもうあった。
DSC_0335.jpg 
裸婦ブロンズ像を背面から撮影。
DSC_0336.jpg 
裸婦像のタイトルは『さわやか』。作者は群馬県藤岡市出身の彫刻家、星野宣(1906-1990)。寄贈者はおそらく親族だろう。
DSC_0334.jpg
③図書館前道路から見た時、生垣の内側にあたる通路。東側(図書館側)は花壇になっている。西側(道路側)は低木による生垣。
DSC_0337.jpg
花がたくさん植えられている。
DSC_0338.jpg
見つけにくいかもしれないが、蜜蜂が花の蜜を集めている。蜂は良く飛んでいる。
DSC_0352.jpg
DSC_0339.jpg
ベンチ。時々座っている方がいる。
DSC_0340.jpg
④花の名前は一切分からないが、黒い花。写真で見ると赤みがかって見える。
DSC_0341.jpg
DSC_0342.jpg
この花は何かに似ている。
DSC_0343.jpg
ニョロニョロですね。
nyoronyoro.jpg 
ニョロニョロの色違い。ピンクがかっている。
DSC_0344.jpg
DSC_0345.jpg
茎の部分まで白い花。サナトリウムに入っている病弱な文学少年のようだ。
DSC_0346.jpg
角。
DSC_0347.jpg
通路西側(道路側)。生垣を内側から撮影。
DSC_0349.jpg
ピンク色の花が小さく顔を出している。
DSC_0348.jpg
余談:
日曜日と言うこともあり、小さな女の子が沢山いて、嬉しかった。撮影中の私に「こんにちは」と声を掛けてくれる子もいた。

参照リンク:
藤岡市の略年表 - 藤岡市役所
星野宣という彫刻家について知りたい。 - 国立国会図書館 
物故彫刻家一覧・UAG美術家研究所 - 湯上がり美術談義
あいさつ・コンテンツ - しののめ信用金庫
毎月11日はニョロニョロの日 - ベネリック株式会社

category: 群馬県

thread: 群馬県から - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

群馬県藤岡市篠塚318-391間の農道  

Googleのストリートビューでは省略されてしまっている田舎小道である。撮影日時は2013年6月15日土曜日、15時頃。空は曇っていたが、気温が30度近くあり蒸し暑かった。
©Google
noudou[2] 
①電柱。電線が沢山。
DSC_0322.jpg
②この辺りは小規模の畑が寄り集まっている。人物は写さなかったが、ここの畑には畑仕事をしている紳士が1人いた。規模が小さいので専業農家には見えない。土曜日ということもあり、半分趣味で畑仕事をしているのかもしれない。
DSC_0297.jpg
③トラックの積み荷の部分だけを取り出したような物置?や、仮設トイレ、そのほか色々置いてある場所は、昔(90年代)は子供の遊び場だった。
DSC_0299.jpg
昔は土管がいくつも置いてあった。ひと気もなかった。今はときどきトラックが出入りしている。
DSC_0301.jpg
④右下に見えるようにこの辺りの家は小さな石祠を敷地内に置いていることが多い。
DSC_0298.jpg
⑤S字カーブになっている。
DSC_0300.jpg
DSC_0303.jpg
野菜だと思うが、詳しくは分からない。
DSC_0321.jpg
⑥こちらも畑。何が植えられているのかは分からない。
DSC_0305.jpg
DSC_0307.jpg
⑦少し前まで青々とした麦が広がっていた場所だが、今は一面黒い。麦が燃やされた後のようだ。焼き畑農業だろうか?ゴミを野焼きしたというレベルではない。民家や別の畑が隣接しているのだが。
DSC_0320.jpg
野焼き自体、自治体が禁止をしているが、この辺りの人々はそんなことは気にしない。時々、私の部屋までご近所の誰かが発生させた煙が届くことがある。洗濯物が煙臭くなって困る。
DSC_0319.jpg
⑧お隣も刈り取り後の麦畑。こちらは燃やした後はない。
DSC_0306.jpg
⑨少し奥にこんもりとした丘のようなものが見える。あるいは切り取った木の枝などを寄せ集めたのかもしれない。
DSC_0308.jpg
⑩時々車や自転車が通る。
DSC_0309.jpg
⑪刈り取られた後の麦畑が続く。
DSC_0311.jpg
⑫何をしているのかは分からないが、農業には違いないだろう。
DSC_0312.jpg
DSC_0315.jpg
⑬奥に墓場が見える。
DSC_0317.jpg
⑭消火栓。
DSC_0316.jpg

category: 群馬県

thread: 群馬県から - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。