現代 note

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

《ひきこもり》は批難するべきか、支援するべきか  

2013年12月14日、TBS報道特集で《ひきこもり》が取り扱われた。
ひきこもりやニートを取り扱ったドキュメンタリー番組が放映されると、番組に登場する《ひきこもり》や親などに対して、必ず、「甘えるなクズ」「親が悪い」「兵糧攻めにしろ」等々の硬派な意見が大量に寄せられる。

しかし、これらの厳しい意見/批難は建設的ではない。説教が好きな、硬派な方々は気持ち良くなれるかもしれないが、それだけである。

ひきこもりの方々が社会復帰をすることは、一般的に、当人は勿論、社会全体にとっても望ましいことだ。という立場に立つならば、ひきこもりの方々の社会復帰を社会全体で支援/応援していくことも当然、望ましい。

中には「これがワシ流の応援じゃあ!」と、愛の鞭のつもりで厳しい言葉を浴びせている方もいるかもしれない。しかしそれで「何くそ!」とやる気を出すような《熱い》タイプの人間が果たしてひきこもりになるだろうか。科学的根拠のない私感だが、そういうケースは稀であると思う。

必要なのは厳しい言葉で当人や家族を追い詰めることではなく、段階的で前向きな支援ではないだろうか。

ということで、番組に登場した、ひきこもり支援団体、NPO法人・名古屋オレンジの会のリンクを貼っておく。
http://orange-net.info/nagoya/

「E-mailでの御相談は受け付けておりません」とのことで若干不親切な気もするし、はっきり言って中身はよく分からない。番組でちらりと見ただけだからだ。

だが、ひきこもり支援は、他にも全国の自治体やNPO団体が行っているので、ひきこもりの方や家族は試しに利用してみるのもいいかもしれない。


※おまけ
ハッシュタグ #tbs をつけて番組に反応していた方々のつぶやきを(可能な限り全て)拾ってみた。

スポンサーサイト

category: 社会

thread: 不登校・ひきこもり - janre: 学校・教育

tb: 1   cm: 0

NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃 / NHK取材班  

 
NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃
(2012/04/14)
NHK取材班

商品詳細を見る
5つ星のうち 1.0 ドラマティックに書こうとし過ぎている2013/9/18

最初しか読まなかった。ドラマティックに人目を引くように書こうとし過ぎていると思った。
「この国の底が抜けた」「生活や産業が壊滅した」
「日本人の意識そのものが変わってしまった」「信頼は失望に変わった」
「病院関係者はこう言って憚らなかった。
"生活保護の患者は悪い言葉で言えば、餌食ですね。金のなる木です"」

病院関係者とは誰だ、医者だったらいくら何でも少しは憚るだろう。と思った。
この本はとても信用出来ないと思った。

category: 社会

thread: 報道・マスコミ - janre: 政治・経済

アフィリエイトbotが少しうざい  

Twitterにはアフィリエイト狙いのbotアカウントが複数ある。別に犯罪をしているわけではないし、twitter利用規約を読んでも「アフィリエイトbot禁止」とは書いていない。よっておそらく不正行為ではない。しかしながら少々うざいと感じるのが私個人の本音である。

bot[1]

ずらっと並んだ上のアカウントたちは過去ログを見ても内容が全く同じか、酷似している。アカウント名も同じパターンで作られている。ツイートを行っている時間的タイミングも同じである。よっておそらく同一人物によるアフィリエイトbotである。「キプロス」で検索したらたまたま見つけた。過去ログのほとんどがAmazonアフィリエイトで、その中にニュース・ツイートやブログ・ツイート(他人のブログ)が時おり交ぜてある。自身のコメントは一切なしで全て、ツイートボタンを押してツイートしているだけである。

bot[2]

次にこれらのアカウントのフォロワーを見てみる。《中の人》は自分のアカウント同士でフォローしあってフォロワー数を稼いでいるのが分かる。他には「フォロー返し100%」を謳っているアカウントが多い。後は「ネットで100万円稼ぐ!」系も多い。同一人物ではないし、多くは面識もないだろうが所謂《お仲間》だろう。フォロワー数が少ないのにフォロー数を沢山増やそうとするとスパム認定されてしまうからこういう事をしているのだと思われる。

category: 社会

thread: twitter - janre: ブログ

2012年の自殺率(暫定値)  

2012年12月時点での日本の総人口(暫定)  12,776(×10000)人
2012年の自殺者数  2.7858(×10000)人
 
jisatu[3]
 
2012年の自殺率(10万人あたりの自殺者数)・暫定値は21.8

 jisatu[2]
 
つまり4587人に1人の割合である。


総務省 総合統計データ月報 人口
警察庁 平成24年中における自殺の状況

category: 社会

thread: 雑記 - janre: 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。